法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > Voice from NTT東日本 > イベント特集一覧 > 第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX2017) > ひかりクラウド スマートスタディ


教育に対するNTTグループの取り組み
第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX2017)

トータルソリューションから個別案件まで、教育現場のニーズにフィットするICTを活用した教育の推進

2017年5月17日〜19日

出展物紹介

―企業でも使えるeラーニング― 学習支援クラウドサービス
「ひかりクラウド スマートスタディ」

少人数から手軽に・手頃にスタートできる
学習支援クラウドサービス

ビジネス開発本部第二部門 SMBクラウド担当
増子亮

マルチデバイスのeラーニングプラットフォーム
塾・学校・企業から家庭まで、多くの場面で利用可能

eラーニングゾーンでは、NTT東日本の学習支援クラウドサービス「ひかりクラウド スマートスタディ」(以下、「スマートスタディ」)を展示しました。「スマートスタディ」は、クラウド型のオンライン学習支援サービスで、eラーニングのプラットフォームとして活用いただけます。講師側はパソコンが必要ですが、受講者側はパソコンをはじめタブレット端末やスマートフォンなどのさまざまな機器に対応したマルチデバイス対応のサービス(スマートフォンでは一部機能が利用不可)で、インターネット接続環境があれば学校以外でも自宅や移動中、企業の方は出張先などさまざまな場所で学習することができます。

「スマートスタディ」は2015年11月から提供され、学習塾や学校をはじめ、企業でも研修などに活用されています。NTT東日本ブランドでの提供以外にもお客様ブランドでのOEMサービスを展開するなど、教育機関から企業・団体まで幅広く利用できます。また、NTT東日本が提供する学習塾・学校向けの「教育ICTトータルパッケージ」として、「フレッツ光」や「ギガらくWi-Fi」「スマートデバイスマネジメント」とともに、教育・研修の現場に必要な環境を一元的にご用意することができます(サービスごとに初期費用・月額利用料などがかかります)。

特長は手頃、簡単、便利
多くの塾・学校で使えるクラウドサービス

「スマートスタディ」には、大きく3つの特徴があります。

  • 特徴@ 初期費用を抑えて受講者1名からでも導入可能。
    クラウド型の特徴を活かし、お客様のご利用環境には、サーバーの設置は不要で、専用端末も必要ありません。初期費用は5,000円(税抜)からで、受講者1名あたり(1ID単位)で月々100円(税抜)からという手頃な価格で始めることができます。
    ※オプション機能を除く4機能のみで、ストレージのご利用が1GB未満の場合です。ご利用には、フレッツ光などによるインターネットの接続環境が必要です(別途、初期費用、月額利用料などがかかります)。
  • 特徴A オンライン学習がラクラク実現。講師の負担も軽減。
    資料や教材が簡単にアップロードでき、課題やテストもオンラインで配信・収集できるため、講師の負担を減らし、受講者も学習しやすいサービスになっています。
  • 特徴B オンライン学習をサポートする便利機能。
    4つの基本機能「ライブラリ」「ワーク」「テスト」「マイページ」に加え、2つのオプション機能「ライブ」「ビデオ」を提供しています。

4つの基本機能で調べたり、課題に取り組んだり、テストを受けたりするなどの予習・復習に活用できるだけでなく、オプションのライブ機能を使えばリアルタイムのオンライン授業を実施できます(スマートフォンでは利用不可)。さらに、オプションのビデオ機能を使えば、動画で撮影した授業を配信して、受講者が自分のペースでビデオを視聴することもできます。講師はそれぞれの受講者の学習状況を把握できるため、適切な助言を行う事も可能です。このように、講師と受講者の双方が、予習・授業・復習のサイクルを効率的に行える学習プラットフォームを提供しています。

オリジナル問題も出題できるドリル機能
学習内容に応じてカスタマイズが可能

「スマートスタディ」は前述の機能に加え、創意工夫を活かす機能も持ち合わせています。たとえば、パッケージ版で提供しているテスト機能の発展形としてカスタマイズ版で提供しているドリル機能ではさまざまな解答方式の問題から選択可能で、画像や動画の埋め込みにも対応。塾や学校が独自に作成した問題も配信できます。カスタマイズ版の「スマートスタディ」では、学習者一人ひとりの学習進度や、学習要素ごとの理解度に合わせて、適切な教材や問題を最適なタイミングで提供する、個々人に最適化した教材を提供するアダプティブラーニング(適応学習)機能を搭載しており、「教育AI」として学びの高度化をサポートします。これらの機能は学習内容に応じてカスタマイズ可能で、お客様の環境やビジネスモデルに応じた形で提供できます

「スマートスタディ」は、すでに多くの教育機関や企業へ導入され、さまざまな規模の環境で広く利用されています。イニシャルコストもランニングコストも手頃なこと、eラーニングの基本プラットフォームとして使い勝手がよいことなどを高く評価していただいています。また、デモなどで「スマートスタディ」の使い勝手の良さや、機能の豊富さにも関心を寄せるお客様も多く、この点もさらにアピールして有用性の高いサービスであることを理解していただけるように努めていきたいと考えています。
NTT東日本では、eラーニングのプラットフォームとして「スマートスタディ」をより多くの場面で活用していただけるよう、教材会社やSIer等のミドルB事業者の皆様との連携にも力を注いでいきます。

―学研教育アイ・シー・ティー 代表取締役 北居誠也 様―
「スマートスタディ」で目指す“熱中できるまなび”サイトづくりを実現

NTTグループのブース内ステージでは、さまざまなパートナー企業にもご登壇いただきました。学研グループで教育ICT事業を担当する学研教育アイ・シー・ティー様は、2016年7月から学習クラウドサービス「学研ゼミ」の提供を開始。「学研ゼミ」で提供される教科学習「ワンダードリル」では、カスタマイズ版の「スマートスタディ」をAPI連携により活用しています。
「ワンダードリル」では、子どもに学習習慣をつけさせるためにゲーミフィケーションの要素を活用。アバターなどのアイテムの獲得や、子ども同士が横のつながりをもち、それを楽しめる要素があり、「スマートスタディ」がドリルの提供を強力にサポートしています。また、「スマートスタディ」は、画面がシンプルで使っている子どもたちが直感的に操作でき、操作方法に迷わないため、使いやすいことも効果を発揮していると紹介されました。このように、学習コンテンツの配信に「スマートスタディ」を活用することで、本業である学習コンテンツの制作に専念することが可能となります。
このほか、教科書に対応した学年別のオンライン学習サービス「スマートドリル」も紹介されました。これは、起動すればその日に学習するべき最適なドリルが表示されるといった特長をもつドリルで、「スマートスタディ」を活用して提供しています。
子どもたちが楽しんで学習できる環境を構築でき、「学研ゼミ」が目指した子どもの意欲と笑顔が結びつく“熱中できるまなび”の場が「スマートスタディ」により実現できたことに、好感触を得ていると述べられました。さらに、コンテンツを増強させるなど、サービスを順次拡充していく過程での「スマートスタディ」の使い勝手の良さを評価されていました。

  • 上記事例はあくまで一例であり、すべてのお客様に同様の効果があることを保証するものではありません。
  • 学研ゼミ「ワンダードリル」について詳しくはこちら

ひかりクラウド スマートスタディ

少人数から手軽に・手頃にスタートできる学習支援クラウドサービス

詳しく見る


資料請求・お問い合わせ