法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > イベント・セミナー > 第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX2017) > Bizひかりクラウドおまかせ校務


教育に対するNTTグループの取り組み
第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX2017)

トータルソリューションから個別案件まで、教育現場のニーズにフィットするICTを活用した教育の推進

2017年5月17日〜19日

出展物紹介

―初中等向けソリューション― 校務支援クラウドサービス
「Bizひかりクラウドおまかせ校務」

教職員の方々の負担軽減が期待できる
初中等向けの校務支援サービス

教育営業部 営業推進部門 第一営業推進担当
鈴木豪

先生や職員の皆様を強力に支援
クラウド型サービスで初期費用を抑制

NTT東日本では、2006年から全国の自治体で小中学校での校務を支援するシステムの導入から、運用および保守までトータルでサポートしてきました。これらの経験と実績をもとに、2013年8月から小中 学校の校務の円滑化と教育現場の課題解決に向けた支援を強化する、「Bizひかりクラウド おまかせ校務」(以下、「おまかせ校務」)を提供しています。

「おまかせ校務」は、小中学校向けのクラウド型校務支援サービスです。これは、EDUCOM社の校務アプリケーション「EDUCOMマネージャーC4th」をクラウドに対応させたものを核として、強固な耐震設備を用いたNTT東日本データセンターを介して提供しています。教育委員会や学校内の教職員での情報共有を実現するグループウェア機能をはじめ、成績データの一元管理や通知表を作成できる「成績機能」、児童・生徒の保健データの管理や健康状態の共有を行う「保健機能」などのすぐに役立てることのできる全30種類の機能から、ニーズに合わせて選べます。これにより、教職員の方々の事務処理などの効率化や業務負荷の軽減が期待できます。

「おまかせ校務」はクラウド型のメリットを活かし、個別にシステムを導入する場合に必要なハードウェアの選定・設計・構築などの手間を軽減することができるだけでなく、ソフトウェアのアップデートなどのメンテナンスを気にせず利用できます。加えて、クラウドとして校務アプリケーションが集約されるため、自治体や教育委員会のシステム運用などにおけるICTマネジメントの負荷を軽減できます。

すぐに必要な機能から段階的に導入できるため、計画的なICT環境の構築が可能です。すでに、多くの小中学校で稼働している実績のあるサービスであり、必要な機能を選んで手軽に導入し、活用していただける校務支援サービスとして、好評をいただいています。

導入実績が豊富なアプリケーションを核にしており、
校務の標準化や帳票類の統一化が可能

「おまかせ校務」では、帳票のカスタマイズが可能であり、現在利用している帳票様式に合わせご提供することができます。通知表は、1,000校、3,000パターンを超えるオリジナル通知表に対応しており、これまでの使い慣れた形式を活かしながら作成することもできます。また、校務の標準化や帳票などの統一化が実現でき、教職員の方々の事務処理負担の軽減や効率化も期待できます。ある学校では、「おまかせ校務」の導入により、教職員1人あたりの業務時間を年間で約160時間も短縮したという事例もあり、校務負担の軽減に大きな成果を挙げています。

※上記事例はあくまで一例であり、すべてのお客様に同様の効果があることを保証するものではありません。

大切な校務データを安全かつ安心に
ヘルプデスクにも注力しています

「おまかせ校務」は、生徒や教職員の方々の個人情報(氏名・住所や成績データ、健康データなど)を管理するため、情報漏えいなどの対策を強固にしています。各データはNTT東日本のフレッツ・VPNなどの閉域網を経由して、NTT東日本のデータセンターで運用・保管。物理レイヤからネットワーク・アプリケーションレベルまで、さまざまなリスクを考慮した強固な対策を講じています。安全なネットワークと堅牢なデータセンターにより、災害や盗難などのリスクに対しても高いリスクヘッジ能力を備えているため、大規模災害時のBCP(事業継続計画)対策としても有効です。

また、導入時に必要となるネットワーク回線の手配をはじめ、導入後の利活用促進を目的とした、教職員の方々への説明会や機器操作に関するヘルプデスクなどの充実したトータルサポートも提供しています(別途、費用がかかります)。豊富なノウハウと手厚いサポートにより、ICT機器操作に不慣れな教職員の方々にとっても使いやすいサービスの実現を目指しています。

「おまかせ校務」は、自治体や学校からの要望を汲み取り、機能強化を行うなど、実態に即したソリューションとして、これからも発展していくサービスです。また、従来の学校単位で行う校務スタイルから、クラウド方式による自治体単位で行うスタイルへと、校務の統合を推進することで、教育環境の向上にも寄与していきます。

EDIX2017では、多くのお客さまからさまざまな意見をうかがうことができましたが、なかでも情報セキュリティ対策への関心が特に高かった印象です。「おまかせ校務」は、データセンターで児童・生徒の成績などの情報資産を一元管理するため、不安を少なく導入し、運用することが可能です。今後もより安全で安心して利用していただけるよう、クラウドの利点の理解を促進し、さらなる情報セキュリティ強化と、使い勝手の良さの実現に努めていきたいと考えています。

Bizひかりクラウド おまかせ校務

教職員の方々の負担を軽減できる初中等向けの校務支援サービス

詳しく見る


資料請求・お問い合わせ