ヒ。ソヘ、ホ、ェオメ、オ、゙
NTT東日本>官公庁・法人のお客さま>農業関連分野に対するNTT東日本の取り組み

農業関連分野に対するNTT東日本の取り組み アグロ・イノベーション2009 2009年 11月25日〜27日

NTT東日本のビジョン  NTT東日本では、農業経営の効率化、生産性の向上に全面的なバックアップを実施しています。ビジネス&オフィス事業推進本部 ビジネス営業部 アグリビジネス担当部長 曽根原 利法

アグロ・イノベーション2009 イベント概要

「アグロ・イノベーション2009」は、2009年11月25日〜27日、幕張メッセで開催されました。青果物の生産から加工・流通用の技術、サービス、人が一堂に会する展示会にふさわしく187もの企業/団体が出展。来場者は2万9000人を超えました。NTT東日本は下記の2つのソリューションをご紹介、多くのお客さまの関心を集めました。

生産工程管理支援システム 生産履歴の管理と農薬適性診断を同時かつ迅速に実現します  利用できる農薬情報はつねに最新、生産履歴の投入送信は3通り。診断漏れのリスクを回避し、診断作業を大幅に効率化します。さらに生産履歴のデータベース化で地域農業の発展にも寄与します。
ASP型産地直売所システム 直売所の売上を即時管理、販売チャンスを逃しません  POSレジとパソコン、インターネットで産地直売所の売上管理をリアルタイムに実現。売れ筋・売れ時を逃さないから販売意欲も向上します。ASP型システムならではの低価格・高機能も自慢です。

導入事例

JAグループ山形様

JAグループ山形様

ビジネスイーサを利用した「JASTEM次期システム対応ネットワーク」の導入
 
 

※文中記載の会社名および製品・サービス名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

※文中記載の法人・団体名・組織名・所属・肩書きなどは、すべて2009年11月取材時点でのものです。