Voice from NTT東日本 Web Magazine

Headline(更新情報)
  • 教育の情報化に対するNTT東日本の取り組み JAPET&CECセミナー2015
  • 教育の情報化に対するNTT東日本の取り組み JAPET&CECセミナー2014
  • 地方自治体に対するNTT東日本の取り組み2014 地方自治体情報化推進フェア2014
  • 教育の情報化に対するNTT東日本の取り組み JAPETセミナー2013
  • 「光タイムライン」診療情報連携システム
  • 中小企業診断士が教える!!経営の悩み解決法 悩み11 インターネットで仕事の効率化、コスト削減を図りたい!!
  • 伝わる話し方講座12のポイント Point12 心を動かすスピーチに挑戦せよ
  • 網野ゼミで学ぶネットワーク用語 講義11 www

サイト内検索

ビジネスチャージ 15min

網野先生の楽しい!3分間ネットワークTIPS

第12回 ネットワークを楽しく学ぶ

理系科目はからっきしの学生、いいさ君は、「わかりやすい講義をする先生」という噂につられ、うっかり情報専門の網野(あみの)先生のゼミに入ってしまいます。ゼミに入ってそろそろ1年。いいさ君も、ネットワーク技術について、ある程度はわかってきました。新しいゼミ生が入ってくる前に、網野先生からいいさ君に言いたい事が。

網野先生の楽しい!3分間ネットワークTIPS イメージ

ネットワークは面白い!!

網野先生:
さて、いいさ君がゼミに来てから、そろそろ1年が経つわけだ。
いいさ君:
お〜、もうそんな経ちましたか。っていうか、このゼミ、結局僕ひとりでしたね…。
網野先生:
うっ!確かに…。しかーし!!是非来年は大勢のゼミ生を集めたい!そこで、いいさ君にもゼミの先輩として、これから色々がんばって欲しいわけだ。
いいさ君:
えぇ〜…。どうがんばればいいですかね??
網野先生:
いいさ君には、「初心者からネットワークを学んできた先輩」として、「ネットワークを学ぶという面白さ」について、後輩たちに伝えてほしいのだよ。
いいさ君:
ネットワークを学ぶという面白さについて、ですかぁ。正直なところ、勢いで入ったので、僕、最初はそれほど興味なかったんですよねぇ…。ネットワーク。
網野先生:
……また君はズバリと言うなぁ…。じゃあ、なぜこのゼミに入ったんだね!?
いいさ君:
最初にも言いましたけど、「時代はネットワーク」とかよく言われていたので、なんとなく、役に立つかな〜、ぐらいの軽い感じです。でも、実際学んでみて思うのは、僕がイメージしていた「ネットワーク」って、かなり表面的だったんだって感じましたね。先生に教えてもらったネットワークって、「あることを誰にどうやって伝えるか」っていう、昔からず〜っと続いている裏方や基盤みたいなものじゃないですか。
網野先生:
確かに、一般で語られる「ネットワーク」と、実際に学ぶ「ネットワーク」は微妙な違いがあると言えば、あるな。それで、「裏方」のネットワークを学んでみて、どう感じたかね?
いいさ君:
ん〜、そうですね。一言で言うと…確かに、「面白い!!」です。
網野先生:
おぉっ!!いいさ君もその境地に達してくれたか!!
いいさ君:
最初はもう、用語はチンプンカンプンだし、「プロトコル」とか意味分からないし、自分で何かネットワークを作ってみても、どんな風に動いてるのかさっぱりだし、って感じでしたけどね。
網野先生:
そうだったなぁ。そういういいさ君の悩みを、今までたくさん聞いてきたな。
いいさ君:
でも、わかってくると、すっごく面白いんですよ!! プロトコルや、ルータや、サーバー達はちゃんとした理由があって、ああいう作りなんだ、ということがわかってくると、本当に、よく考えられて作られたんだなぁ、って感心します。
網野先生:
確かに、一見すると「なんでこんな風になっているんだろう」と疑問に感じるようなことが、実はちゃんとした理論と理由に基づいて作られている事がわかるのは、楽しいよな。
いいさ君:
そうなんですよ!そして、その基礎になっている理論と理由の通りにネットワークが動く。確かに、ちょっと見たくらいではわからないかもしれないけど、学んだ通り、考えた通りに動いているということがわかると、とっても面白いです!!
網野先生:
うむうむ。いいさ君のその思いを、後輩たちにもぜひ伝えてほしいな。

ネットワークを楽しく学ぶ

いいさ君:
ただ、そこまで行くのが、結構大変でしたねぇ。もう最初は、ほんとに何が何やらさっぱりですから。
網野先生:
ふむふむ…。では、いいさ君がそれをどう克服したかをぜひ聞かせてほしいな。
いいさ君:
わかりました!では、今日は僕が先生となって「ネットワークを学ぶ極意」を伝授して差し上げましょう。ふふっ。一言で言うとですね、ネットワークを学ぶ極意は…「ネットワークを楽しく学ぶ」ということです!! 楽しんで勉強、これがベスト!!
網野先生:
うむうむ。楽しんで勉強することは大事だ。では、どうやったら楽しく学べるのかね?

いいさ君が教える4つの「楽しい」

いいさ君:
今から説明する4つの「楽しい」を、念頭に置いて勉強するとよいですよ!! まず1つめ!「ネットワークは難しくも特別でもない」ということです。以前、先生がおっしゃったように「身近な運送」と同じだってことです。つまり、実はとてもシンプルな勉強だということです。
網野先生:
そうだな。身近なものに例えると親近感がわくし、覚えやすい。「シンプルに考えて楽しい」ということか。
いいさ君:
そうですよ。もうパケットとか、プロトコルとか、耳慣れない用語に囚われて難しいこと考えないで、宅配便を送るのと一緒と思ってりゃいいんですよ。
網野先生:
ま、まぁそれは極端過ぎるがな…。よし、じゃ、次は。
いいさ君:
2つ目!「ネットワークとは、歴史を学ぶ事である!!」。コンピュータが生まれてから、「隣に情報を送る」ってのは、昔から行われてきたわけですよ。今の技術は、昔の技術があって、その上で成り立っているんです。
網野先生:
ほぅ。古いものはダサイ、よくない、と思ってきたいいさ君から、そんなセリフが聞けるとは。
いいさ君:
「進化の過程」がわかってくると、これが、なかなか面白いんですよ。さっきも言いましたが「人間って上手い事を考えつくものだなぁ」って、感心します。つまり「進化する技術を知って楽しい」。
網野先生:
いいぞ、いいさ君!3つ目は?
いいさ君:
3つ目は、「インターネットの仕組みがわかって楽しい」ですね。まぁ、それを学んでいるんだから当たり前って言えばそうですけど。「自動車が動く仕組み」とか「電話で会話ができる仕組み」とか、日常なにげなく使っているものの成り立ちとかシステムとかを知るのって、楽しいじゃないですか。インターネットを知ると、はっきりいって、「世界中の情報を知ることができる!!」といっても過言じゃありません!! ネットワークを通じて、世界を知ろう!! どうです?このキャッチコピー。
網野先生:
ははは、随分と大きく出たな。だが、そういうのは嫌いじゃないぞ!確かにインターネットを知れば、最後にはインターネットが重要な基盤となったこの世界の仕組みを知ることができるかもしれんな。
いいさ君:
むふ〜。でしょう?「世界の仕組みを知って楽しい」、です。
網野先生:
4つ目は?
いいさ君:
う、う〜ん。……、あれ?4つといいましたが、4つ目が……。
網野先生:
では最後の1つは、私から。「ネットワークは夢がある!!」。情報処理の世界では、「○○できないかな〜」って夢見ることのほとんどが、ネットワークで叶う!! 実際は技術力や費用面で実現できないこともあるが、少なくとも「やってやれないことはない」のだよ。
いいさ君:
それは先生も大きく出たもんですねぇ。
網野先生:
だから、「夢が広がる」ネットワークを学んで「やりたいことがやれるようになる」。これは楽しくないか?
いいさ君:
そうなったら楽しいですよね。
網野先生:
そうなったらではなく、そうするのだ!ネットワークにはその力があるのだよ。「夢が叶って楽しい」。
いいさ君:
ふむふむー。ネットワークを楽しく学ぶには「シンプルな勉強で楽しい」「進化する技術を知って楽しい」「世界の仕組みを知って楽しい」「夢が叶って楽しい」ということを念頭に置いて、勉強すればいいってことですね。
網野先生:
そうだ。では、いいさ君はそれをゼミの紹介で説明できるように、わかりやすいレジュメを作るように。
いいさ君:
はいっ!!たくさん後輩が入るといいですね!!

今回のポイント

最終回にあたって:今回でこの「網野先生の3分間ネットワークTIPS」も終了です。12回に渡り連載してきましたが、最も伝えたかったことは「ネットワークは楽しい!!」ということです。みなさんもネットワークを「難しそう」「面倒くさそう」と言わず、いいさ君の4つのポイントから「楽しく」学んでみてください。インターネットの世界がまた1つ違ったものに見えてきますよ。

網野 衛二 イメージ

筆者紹介
網野 衛二(あみのえいじ)
文系大学卒業後、紆余曲折してコンピューター系の専門学校の講師として、ネットワークの構築・管理・授業を行っている。また、Webサイト「Roads to Node」の管理人として、「3分間Networking」というネットワーク講座を公開しており、その他にも雑誌やWebサイトなどにネットワーク系の連載を行っている。

バックナンバー 一覧ページへバックナンバー 一覧ページへ

官公庁・法人のお客さまトップへ戻る