法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 釧路和商協同組合(釧路和商市場)様


来場者向けにWi-Fiとデジタルサイネージを整備
利便性向上で集客増と地域活性化をめざす

釧路和商協同組合(釧路和商市場)様

【業種】事業協同組合 【従業員数】53店舗、約250人(2017年1月現在)
【所在地】北海道釧路市 【事業内容】魚介類、青果、菓子等の小売販売
  • 卸売・小売・飲食
  • 従業員数101~300名

お客さまの
課題

  • 訪日外国人観光客が快適に利用できるフリーWi-Fiを整備したかった
  • 市場や地域の魅力を手軽に伝えられる情報発信ツールが欲しかった

サービス
導入効果

  • 観光地としての魅力を発信し、集客増の一助となるICT環境を整備できた
  • 訪日外国人観光客がSNS投稿や情報収集を手軽にできるようになった
  • ICT環境の活用に関する店舗従業員の意識向上や場内の活性化が図れた

お客さまの声

釧路和商協同組合(釧路和商市場)
業務係 塩澤俊幸氏

当市場には年間80万人に上る来場者がありますが、そのうち約40%が訪日外国人観光客です。この外国人観光客をはじめとしたすべての来場者に市場や地域の魅力を手軽に伝える情報発信ツールとして「ギガらくWi-Fi」を導入しました。情報収集やSNS投稿など、多くのお客さまにご活用いただいております。Wi-Fiに接続して利用できるデジタルサイネージも合わせて整備し、店舗従業員の意識向上や場内の活性化が図れました。

北海道三大市場とも言われる「釧路市和商市場」を運営しており、店舗数は53店舗、従業員約250人の規模を誇ります。釧路名物の生鮮魚、塩干、魚卵、珍味、水産加工品、精肉、青果から菓子類まで幅広い商品がそろっています。場内で販売されている刺身や魚卵、加工品を選んで自分だけのオリジナル丼が作れる「勝手丼」は名物で、体験型の観光イベントとして訪日外国人観光客にも好評です。

導入に至った経緯とは?詳しい内容をPDFでダウンロードできます