法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 埼玉県富士見市様




埼玉県富士見市様

【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化
シンクライアントシステムをデータセンターに構築
学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
既存パソコンのシンクライアント化で、コストを低減
NTT東日本が運用を支援し、職員の負担を軽減

埼玉県富士見市様

シンクライアントシステムと充実した運用支援によって、安全性と利便性が両立しました

  • 富士見市教育委員会 教育政策課 主査 馬場規雄 氏
    富士見市教育委員会 教育政策課 主任 髙西晋平 氏
埼玉県富士見市の概要
埼玉県富士見市の概要

埼玉県南部、都心から30キロ圏内に位置している。都心への通勤・通学に便利な立地でありながら自然が多く残っていることや、子育てを重点施策としていることから、人口は増加傾向にある。近年、大型商業施設の進出もあり、さらなる発展が期待されている。
教育行政においては、「富士見市教育振興基本計画」に、「学びあい 人がつながり 一人ひとりが輝く 富士見の教育」という基本理念を掲げ、学校教育・社会教育の様々な施策を展開している。
ICT以外の学校教育環境の整備も積極的に行っており、2011年の東日本大震災の発生前に、富士見市立の全学校の耐震化を終えていたことや、震災後の災害対策を兼ねた教室用エアコンの整備など、子どもたちの学習環境だけでなく、地域の防災も考慮したハード面の整備が特徴となっている。
http://www.city.fujimi.saitama.jp/新規ウィンドウで開く

富士見市の教育方針におけるICTの果たす役割をお聞かせください。

馬場氏

富士見市教育委員会 教育政策課 主査 馬場規雄 氏

馬場規雄 氏

児童生徒が情報モラルを身に付けたうえで、主体的に情報の収集・活用・発信ができるようになることに主眼を置いて、情報教育を推進しています。今後は情報教育だけではなく、確かな学力の定着のために、ICTを取り入れた授業を各教科で積極的に展開できるような環境を整えたいと考えています。一部の学校に、先行してタブレット端末を導入しています。これまでは、情報教育以外では調べ学習がほとんどでしたが、タブレット端末を利用した学習をはじめとするこれからのICTは、「児童生徒一人ひとりに応じたきめ細やかな指導による学力の育成」という本市の取り組みに貢献するものだと考えています。

これまでのICT環境(校務用パソコンやファイルサーバー)の課題をお聞かせください。

髙西氏

富士見市教育委員会 教育政策課 主任 髙西晋平 氏

髙西晋平 氏

これまで、教職員の作成したデータはすべて、各学校に設置したファイルサーバーに保存していました。同時に、教職員のパソコンは、データの保存やUSBメモリの使用ができないように制限していました。6年以上使用して事故がなかったので、この制限は非常に有効であったと思います。しかし、教育委員会にとっては、全18校のサーバーの維持管理が負担になっていました。また、現場の教職員からは、利用手続きが煩雑なリモートアクセスシステムも含め、全体的にもう少し使いやすくしてほしいという要望がありました。これらのことから、情報セキュリティにはこれまで以上に気を配りながらも、利便性が高まり、維持管理の負担が軽減されるようなシステムの導入を検討していました。

NTT東日本の提案に対する評価をお聞かせください。

馬場氏

既存のノートパソコンを活用する、SBC(サーバーベースドコンピューティング)方式の画面転送型シンクライアントシステムは、安全性と利便性だけでなく、コストや環境負荷の軽減という観点からも優れているので、私たちの課題を解決できるシステムとして以前から注目していました。ただし、既存機器の故障のリスクは残ります。しかし、NTT東日本の提案は、充実した保守・運用体制だけでなく、既存のノートパソコンと同型の予備機を用意するという画期的なもので、私たちの懸念を払拭してくれました。また、デモを通じて、提案されたシンクライアントシステムの操作性に問題がないことも確認できました。そして、各種サーバーを預けるデータセンターやヘルプデスク、学校間を結ぶ高速通信サービス「フレッツ・VPN プライオ新規ウィンドウで開く」などの提案もあり、NTT東日本が幅広い分野において豊富な知識・技術・実績を有していることを改めて実感しました。

現時点での導入成果をお聞かせください。

髙西氏

校務支援システムを含めた、学校現場での本格的な運用はこれからの段階ですが、当初からめざしていた安全性と利便性を両立した校務環境を実現できたと考えています。各種サーバーをデータセンターに預け、保守・運用をNTT東日本が担当することで、教育委員会や学校管理職の運用管理に係る負担が大幅に軽減されました。新しい環境といっても、一般的なWindows PCと操作性は変わらないので、現場の教職員はこれまでの環境から違和感なくスムーズに移行することができました。もちろん、サーバー資源をユーザーがシェアしていることに起因する制約など、シンクライアントシステムの特徴についても、教職員に説明しています。問合せ窓口の一元化により、疑問や不具合の解決までの時間が短縮されたことと、学校と同じ環境が自宅から利用できることが、特に教職員から高い評価を得ています。

今後の展開や展望をお聞かせください。

馬場氏

今後はコンピュータ教室の更改を予定しています。アクティブ・ラーニングやプログラミングなど、ICTを活用しなければ授業が成り立たないという時代が近付いていることを意識しつつ、児童生徒一人ひとりの確かな学力の定着に貢献するシステムにしたいと考えています。また、現状ではネットワークを「校務系」と児童生徒が使用できる「学習系」に分離していますが、今後は、より効果的な学習を効率的に行うために、この2つのネットワークの連携も視野に入れながら、学校の情報化のあるべき姿について考えたいと思います。幅広い分野において豊富な知識・技術・実績を有するNTT東日本には、子どもたちの確かな学力と豊かな心の育成に貢献する様々なご提案をいただけるものと期待しています。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2017年1月時点(インタビュー時)のものです。

関連導入事例
帝京科学大学様
【基幹サーバーをデータセンターに移行してBCP対策を強化】
基幹サーバーの仮想化による一元管理を実現、キャンパス間ネットワークの高速化や学生サービスを向上
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート
芝浦工業大学様
視聴履歴やログ収集に着目して講義収録・配信システムを更改 学内システムとの連携強化で学修成果の可視化が可能に
健康科学大学様
SINET接続を含めた大学ICT環境をトータルコーディネート!
さらにNTT東日本データセンターにシステムアウトソーシングし、BCP対策およびTCO(運用稼働費含めたトータルコスト)の削減を実現!
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
「教育」の導入事例をすべて見る

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る