法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 株式会社阿部蒲鉾店様


株式会社阿部蒲鉾店様

基幹業務システムの運用をクラウド環境に移行
自社保有によるサーバー管理の負担や事業継続の不安を解消

株式会社阿部蒲鉾店様

導入の背景

社内に設置して運用していたサーバーが更改時期を迎えたのを機に外部のクラウド環境に移行することで、システム運用管理の負担を軽減しつつ、データ保全の信頼性を高め、事業継続が図れる環境を整備したいと考えた。

選定のポイント

  • インターネットを経由しない、閉域網ならではの高い信頼性
  • クラウド基盤を支えるデータセンターの耐震設備・停電対策
  • 長年にわたり通信環境を任せてきたNTT東日本への信頼

期待される効果

  • 情報システム担当者への負担軽減による、ICT活用分野の更なる拡大
  • 大規模災害時でも事業継続が期待できるシステム環境の確保
  • 回線からクラウド環境までのトータルサポートがもたらす安心感

サーバー運用管理の負担軽減とBCP対策を検討

商品パッケージもシンプルで爽やかな印象のデザインにリニューアル

商品パッケージもシンプルで
爽やかな印象のデザインにリニューアル

阿部蒲鉾店(株式会社阿部蒲鉾店)様は、「笹かまぼこ」の老舗として知られ、2015年に創業80周年を迎えました。笹かまぼこの原材料のさらなる品質向上を図るとともに、かまぼこ生産を一手に担う仙台市郊外の泉工場は、厚生労働大臣承認によるHACCP(ハサップ)や食品マネジメントの国際規格ISO22000を取得しており、製造から販売に至るまで、おいしくて安心・安全なかまぼこの提供をめざして、徹底した衛生管理や技術向上に努めてきました。
そんな同社はこれまで、東北4県に展開する店舗や本社、工場などを結ぶ社内ネットワークを構築するとともに、工場に設けたサーバー室を拠点に、商品の売上管理や従業員の勤怠管理、グループウェアによる情報共有など、社内ネットワークの活用の幅を広げてきました。

社内全体で稼働する端末も現在では150台を超え、また、インターネットでの通信販売を積極的に展開するなど、事業でのICT活用が進んでいます。その一方で、情報室(情報システム担当)が担う業務の増加と複雑化が課題となっていました。特に、工場に設置したサーバーの運用管理について、スキルのある情報室担当者に業務が集中している状況を何とか改善したいと悩まれていました。

また、2011年に発生した東日本大震災では、停電などの影響で基幹業務システムが停止し、工場自体の安全確認と合わせて本格復帰まで1カ月近くを要しました。工場という特性上、漏水によるシステム障害のリスクもあったことなどから、システム全般の信頼性確保が大きな課題となっていました。

それらの課題への対策を検討していく中で、阿部蒲鉾店様が注目したのが、NTT東日本の「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」でした。

高信頼な「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」の導入を決定

NTT東日本は、これまでにも阿部蒲鉾店様各店舗への回線導入や、「フレッツ・VPN ワイド」による高セキュリティな社内ネットワークの構築・運用を担当するなど、ビジネスパートナーとしてお客さまのご要望にお応えしてきました。日頃の訪問を通じてサーバーの運用管理やBCP対策の課題についても伺っていたことから、売上管理システムのサーバー更改のタイミングに合わせて、最適なシステム運用やネットワーク環境の構築に向けて一緒に検討を始めました。

「阿部蒲鉾店様は当初、自社で用意したサーバーをデータセンターに預けるハウジングサービスの導入をご検討中でしたが、現状やニーズを明確化していくうちに、サーバーメンテナンスなどの運用負担をより軽減できるホスティングサービスの導入が最適とのご判断に至りました」と宮城支店の担当者は振り返ります。さらに、NTT東日本主催のセミナーや仙台市内のデータセンターの見学会を通じて、NTT東日本のデータセンターの耐震設備や停電対策についてご納得いただくとともに、回線からクラウド環境までのトータルサポートやコストパフォーマンスに優れたサービス内容を評価していただきました。

これらを踏まえ、阿部蒲鉾店様は数社のサービスの比較検討を経て、NTT東日本の「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」を用いたサーバーのクラウド化を実施することとなりました。

既存の社内ネットワークを活用しスムーズにクラウドへの移行を実現

阿部蒲鉾店様が導入を決めた、「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」は、お客さまの社内システムやデータをNTT東日本が整備した“Bizひかりクラウド基盤”の仮想サーバー上でお預かりし、「フレッツ・VPN ワイド」や「フレッツ 光ネクスト」などのネットワークサービス経由でご利用いただくサービスです。堅牢で安心・安全なNTT東日本のデータセンターにて運用するクラウド基盤のもと、高い信頼性を確保しています。回線から拠点間ネットワーク、クラウドサービスまでのトータル提供や地域に根ざしたきめ細かなサポート体制もNTT東日本ならではの強みといえます。さらに、2015年6月には料金メニューの改定を行い、より手頃な価格からサービスを始めていただくことが可能となるなど、コストパフォーマンスにも優れたクラウドサービスとなっています。

阿部蒲鉾店様のサーバーのクラウド化にあたっては、日々の業務に欠かせない基幹業務システムをスムーズにクラウドに移行できることや、移行後も店舗や本社、工場などの各拠点で従来と変わりなくかつ安定してシステムを利用できることが必須でした。そこでNTT東日本では、既存の社内ネットワークを活用した最適な移行計画をご提案するとともに、阿部蒲鉾店様のシステム開発を担当しているベンダと綿密に連携し、作業を進めました。

こうして当初の計画通り、まずは売上管理システムのクラウド環境への移行を果たしました。

売上管理や勤怠管理・人事給与など8台のサーバーをクラウド化

売上管理システムのサーバー移行後も、各店舗からの売上情報の集約など、サーバーがクラウド上にあることを意識せず業務を行えていることから、「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」の信頼性や安定性を実感いただくことができました。そこで阿部蒲鉾店様は、社内で運用していた他のシステムについても段階的にクラウド環境へ移行することを決め、各サーバーの更改時期に合わせて、勤怠管理サーバーや人事給与サーバーなど、計8台のサーバーのクラウド化が実現しました。

社内に設置していたサーバーのクラウド化を果たしたことで、システム運用管理の手間が大きく軽減されただけではなく、データ保全の信頼性も向上しました。いざという時の迅速な事業継続に繋がるという大きな安心感があるとのことです

さらに、こうして構築したクラウド環境のもと、社内の情報セキュリティ強化に取り組むこととなり、アクセス管理用のADサーバー(端末の一括管理)やファイルサーバーを導入され、社内におけるシステムの活用頻度の高まりに合わせて、大切な顧客データなどの情報漏えいを防ぐ環境を整備しました。情報室担当者の負担軽減が図れたことで、こうしたセキュリティ対策にも積極的に取り組めるようになるなど、サーバーのクラウド化によるメリットが現れています。

今後はクラウド上に整備した情報システム基盤のもと、魅力的な製品づくりなどに膨大な売上データや顧客情報を活用していきたいといいます。そうした伝統を重んじながら常に革新的な挑戦を続ける阿部蒲鉾店様に対し、ビジネスに貢献する先進ソリューション提案などを通じて、NTT東日本はこれからもトータルにサポートしていきます。

これまでのシステム運用スタイル(オンプレミス型) これまでのシステム運用スタイル(オンプレミス型)

新たなシステム運用スタイル(クラウド型) 新たなシステム運用スタイル(クラウド型)

  • 「フレッツ・VPN ワイド」はベストエフォート型サービスのため、通信速度や通信品質、常時接続性を保証するものではありません。
    詳しくはNTT東日本フレッツ公式ホームページ新規ウィンドウで開くにてご確認ください。
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2015年11月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る