法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 株式会社エスカム様


株式会社エスカム様

農政支援システムをクラウドで提供
サーバーの運用管理の手間を省き、データ保全の信頼性向上を実現

株式会社エスカム様

NTT東日本との連携で「転作クン」のクラウド化を推進、
農政の現場の負担を減らし、事務処理業務の効率化に貢献することで、
日本の農業を支えたい

  • 株式会社エスカム 代表取締役社長 秋田 茂 氏
  • 株式会社エスカム システム開発部 システムエンジニア 東峰 誠 氏
株式会社エスカム様の概要
株式会社エスカム様の概要

1991年に創業。つくばエクスプレスの最寄駅から徒歩10数分と自然豊かな開発環境のもと、主力製品である農政支援システム「転作クン」をはじめ、業務用アプリケーションの開発・販売を数多く手がけている。高い技術力やきめ細かなサポート体制をはじめ、長年にわたる農政支援システム開発を通じて得られた農政の動向に関する豊富な知識や実績を強みに、地域に広く貢献するビジネスを展開している。

農政支援システム「転作クン」について、ご紹介ください。

秋田 茂 氏

秋田 茂 氏

全国のほぼ全ての市町村で、行政やJAなどの生産者団体により組織されている「農業再生協議会」においては、耕地台帳管理や交付金申請など膨大な事務処理を抱えています。そうした現場の事務処理負担を軽減するべく開発されたのが、農政支援システム「転作クン」です。データベース化した農家・農地情報をもとに交付金申請などの手続きをパソコン上で手軽に処理できます。田園風景を描いた親しみやすいイラストや分かりやすい操作画面でパソコンに不慣れな方にも手軽に入力できると好評で、地元の茨城県や栃木県では全市町村の約7割、東北・信越エリアでも18の市町村に採用されるなど高い導入実績があります。

クラウドサービスの導入を決めた経緯をお聞かせください。

東峰 誠 氏

東峰 誠 氏

「転作クン」はこれまで、拠点のみのLAN環境のアプリケーションとして運用してきました。しかし、行政で管理している情報とJAなどの生産者団体で把握している情報の一元化やデータの共有が必要なことから、大量のデータをUSBメモリなどを介してやりとりする手間が発生していました。そうした折、ある自治体で「転作クン」導入に際し、主要拠点の市役所にサーバーを設置し、ネットワーク経由で各拠点からアクセスする形態を採用しました。これにより各拠点のシステム運用管理が軽減されるなどオンライン化に手応えを感じたことから、さらに一歩進んで、サーバーの設置も不要となるクラウド化を推進することとなりました。

NTT東日本の選定理由をお聞かせください。

通信回線からクラウド基盤まで一元的に提供するNTT東日本のクラウドサービスなら、万一のトラブル発生の際も迅速な解決が図れると考えました。また、農政支援業務に関わる重要データを取り扱うことから、閉域のIPネットワークにより強固なセキュリティが確保されている「フレッツ・VPNワイド新規ウィンドウで開く」のようなネットワーク環境が不可欠だったこと、複数拠点でのバックアップの実施により大規模災害発生の際もデータ損失のリスクを最小限に抑えられること。こうしたさまざまなメリットを総合的に評価しました。

導入成果をお聞かせください。

導入したユーザー様からは面倒なサーバー管理も不要で、リアルタイムな情報共有が可能となり、業務の効率化が実現しているとの評価を得ています。「転作クン」は利用者がストレスを感じない操作性にこだわって開発しており、ネットワークを介しても高い操作性が保たれていることに満足しています。なお、通信回線やクラウドサービスの導入に際して、NTT東日本のサポートでスムーズな導入が実現しており、これからも自信を持って「転作クン」のクラウド化を推進し、日本の農業に貢献したいと考えています。

今後の展開や展望はいかがですか。

NTT東日本の通信サービスに対する厚い信頼を含め、サービスのクラウド化は競合製品との差異化を図る上でも有効なアピールポイントです。クラウド化の要望も今後高まると予想されることから、既存のユーザー様はもちろん新規のユーザー様にもクラウド化を働きかけたいと考えています。クラウド化することで遠方のユーザー様にも提案しやすくなったので、さらに積極的に提案していきたいです。また、GPS機能を備えたタブレット端末で動作する地図情報システムと「転作クン」の連携で、農地の状況を現地でクラウド上の「転作クン」に送信する活用なども検討しています。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2015年8月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社エスカム様
農政支援システムをクラウドで提供
サーバーの運用管理の手間を省き、データ保全の信頼性向上を実現
JA共済連 茨城(全国共済農業協同組合連合会 茨城県本部)様
迅速な初動対応に向け職員の安否確認手段を整備
社内コミュニケーションへの活用にも期待
JA甲府市様
売上データを集中管理
生産者と消費者をつなぐ「産地直売所」をASP型サービスで効率的に運営
JAグループ山形様
ビジネスイーサを利用した「JASTEM次期システム対応ネットワーク」の導入
「農業」の導入事例をすべて見る