法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > トヨタ部品北海道共販株式会社様


トヨタ部品北海道共販株式会社様

本社建て替えを機に基幹系サーバーをデータセンターに移行
ネットワークの同時更改で信頼性を高め、将来性も確保

トヨタ部品北海道共販株式会社様

導入の背景

本社社屋の建て替えに伴い、データセンターにサーバーを移行し、情報ネットワークも同時更改することで、今後のビジネスの進展も視野に入れた信頼性の高い通信インフラを整備したいと考えた。

選定のポイント

  • データセンターの立地条件や高度なセキュリティ設備
  • 自社での運用保守が可能な自由度の高いハウジングサービス
  • 社内の通信環境に熟知したNTT東日本に対する信頼

期待される効果

  • 北海道全域を網羅する情報ネットワークの信頼性向上
  • ハウジングサービスによるサーバーの運用コスト軽減
  • 通信トラブル発生時も業務を継続できるインフラ整備

選定ソリューション

「ジャスト・イン・タイム」を支える情報ネットワーク

トヨタ部品北海道共販株式会社(以下、トヨタ部品北海道共販)様は、1969年に全国5番目のトヨタ自動車株式会社の部品販売店として誕生しました。以来、広大な北海道全域を対象に、「ジャスト・イン・タイム(必要なものを、必要なときに、必要なだけ届ける)」の物流体制を構築、北海道内の快適なカーライフを支えてきました。

部品庫

部品庫

トヨタ部品北海道共販様は札幌本社や苫小牧の物流センターをはじめ、道内に5支社・14営業所を展開。日々さまざまな注文がネットワークを介して、直営ディーラーや一般の修理工場などから入ってきます。注文に応じて商品を迅速に配送するとともに、名古屋のグループ本社と緊密に連携して効率的な在庫管理を行うなど、情報ネットワークは毎日の業務に欠かせないものとして機能しています。

これまで、受発注や配送業務の基幹系ネットワーク構築にはNTT東日本の「メガデータネッツ」を使ってきました。一方、インターネット利用や社内連絡に用いる情報系ネットワークについては、お客さま自らIP-VPNを構築。用途に応じてネットワークを使い分けるとともに、片方のネットワークにトラブル発生した際には、残りのネットワークをバックアップとして利用できる環境を整えるなど、2つのネットワークを駆使してビジネスを展開してきました。

しかし、ATMルーターが老朽化するなど更改時期を迎えていたことから、次期ネットワークの検討を開始。新たなネットワーク構築を任されることになったのが、NTT東日本でした。

本社建て替えに伴いデータセンターへのサーバー移行を決定

NTT東日本は、ICTに関する困りごとの解決に寄与する「ICTアドバイザー」として、トヨタ部品北海道共販様の情報インフラ整備を日頃から支援してきました。担当者は「寄せられるご要望やお問い合わせ内容を的確に把握して迅速な回答を目指すとともに、時にはお客さまと一緒に考え、最適解を導くことも。また、お客さまの業務のヒントとなるよう、ネットワーク活用の成功事例やソリューションも積極的に紹介してきました」と語っています。

「メガデータネッツ」基幹ネットワーク更改の際に提案したのは、既存回線を「ビジネスイーサ ワイド」に移行するとともに、情報系も含めたネットワーク構成全体を見直し、「止まらないネットワーク」の整備でした。以前からBCP対策の強化のご要望を把握していたので、それも踏まえました。 また、ネットワーク更改の提案活動を通じて、本社社屋を建て替えるという大きな動きがあるとの情報を得ることができました。そこで、さらなるBCP対策の強化やコスト軽減を目指すべく、新社屋にサーバールームを設置せずに、サーバー機能を本社からNTT東日本のデータセンターへの移行を提案しました。

提案の経緯についてNTT東日本の担当者は、「東日本大震災の際にはシステム停止で受発注業務に支障をきたした経験をお持ちであり、データセンターは必要との認識でした。そこでデータセンターの見学を通じて建物の堅牢性やセキュリティ設備を紹介する一方、サーバーの運用保守についてはお客さま自ら行いたいとのお考えでしたので、ハウジングサービスの自由度の高さもアピールしました」と振り返ります。

トヨタ部品北海道共販様では、無停電設備などBCP対策を施したサーバールームの構築や維持管理と比較しても圧倒的なコスト削減が見込まれると判断したことから、NTT東日本の提案を採用。NTT東日本のデータセンターにサーバーを移行した上で、回線更改による新たな情報ネットワークを構築することとなりました。

NTT東日本 ビジネス&オフィス営業推進本部 北海道法人営業部 ソリューション営業第二部門 営業担当課長代理 柴田 秀樹 NTT東日本
ビジネス&オフィス営業推進本部
北海道法人営業部
ソリューション営業第二部門
営業担当課長代理
柴田 秀樹

NTT東日本 ビジネス&オフィス営業推進本部 北海道法人営業部 ソリューション営業第二部門 システムエンジニアリング担当主査 中山 真 NTT東日本
ビジネス&オフィス営業推進本部
北海道法人営業部
ソリューション営業第二部門
システムエンジニアリング担当主査
中山 真

NTT東日本 ビジネス&オフィス営業推進本部 北海道法人営業部 ソリューション営業第二部門 システムエンジニアリング担当主査 阿部 郁夫 NTT東日本
ビジネス&オフィス営業推進本部
北海道法人営業部
ソリューション営業第二部門
システムエンジニアリング担当主査
阿部 郁夫

周到な移行計画でサーバー移行とネットワーク同時更改に臨む

トヨタ部品北海道共販様が構築を決めた、新たなネットワーク構成は以下の通りです。まず、基幹系ネットワークのサーバー群をNTT東日本のデータセンターにハウジングした上で、通信回線は「メガデータネッツ」からの移行となる「ビジネスイーサ ワイド」による基幹系ネットワークを構築。一方の情報系ネットワークは、各拠点のアクセス回線に「フレッツ 光ネクスト新規ウィンドウで開く(インターネット接続サービス)」を導入して「フレッツ・VPNワイド新規ウィンドウで開く(インターネット接続サービス)」によるプライベートネットワークに更改。このようにして本社・データセンター・道内19拠点の合計21拠点をつなぐ基幹系・情報系の2つの情報ネットワークを構築することとしました。

なお、基幹系・情報系ネットワークの更改に際して、名古屋のグループ本社との間でデータのバックアップなど夜間も基幹系ネットワークは稼働することから、ネットワークを停止して構築作業を行える時間は非常に限られていました。そこで、NTT東日本では「メガデータネッツ」のグループ拠点ごとに更改作業を進める詳細な移行計画を事前に策定。それを基に、データセンターへの回線新設、サーバー移設、作業日までの回線開通、ルーター設定・設置、回線切り替え、既存回線の廃止といった一連の構築作業を進めていきました。

「例えば、夜間に集中して作業を行うネットワークの切り替え工事の際には詳細な作業手順書を事前に用意して工事担当者に配布するなど、切り替えが予定通りに確実に完了するよう事前準備を進めました」とNTT東日本の担当者も語るとおり、周到な準備で構築作業に臨みました。その甲斐もあり、本社を含む道内20拠点のネットワーク構築作業は当初のスケジュール通りに完了し、新たな基幹系・情報系ネットワークが開通しました。

テレビ会議やタブレット導入など今後の利活用に期待

オフィス風景

オフィス風景

トヨタ部品北海道共販様では、データセンターに基幹系サーバーを移行したことで、基幹系ネットワークの信頼性を向上しつつ、運用管理の低減が図られているといいます。サーバーのメンテナンスも手軽に行え、いざという時はデータセンターに直ちに駆け付けられるなど、大きな安心感が得られつつ、社内にサーバールームを有するのと変わりない利便性が確保されています。

新たに構築した情報ネットワークについても、「ビジネスイーサ ワイド」や「フレッツ・VPNワイド」による、信頼性の高いネットワーク環境を整備できました。仮にどちらかのネットワークに通信トラブルが発生しても自動的にもう一方のネットワークに切り替わる仕組みとなっており、緊急時の事業継続が期待できるなど、ネットワーク全体の信頼性を高めつつ、運用業務の稼働軽減が実現しています。

今後は、テレビ会議システムの更改や営業担当者へのタブレット端末配布など、モバイル環境の整備が予定されています。信頼性を高めた新たなネットワーク環境のもと、ICTのさらなる利活用を通じて、営業力強化や物流体制の迅速化・効率化を推進していくといいます。

「システム更改時期などタイミングに合致した提案で、お客さまの課題解決やニーズに応えるソリューションを提供し、業務の効率化やネットワークの信頼性向上、コスト軽減に寄与したい」と担当者は語っています。その言葉の通り、NTT東日本は今後もお客さまの課題解決に尽力し、豊富な成功事例やソリューションの提供を通じて、北海道内の快適なカーライフを支えるトヨタ部品北海道共販様のビジネスをサポートしていきます。

システム構成図

システム構成図
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2015年1月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る