法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 茨城自動車整備工場様


茨城自動車整備工場様

電話や無線LANなどのICT環境を整備し、さらに
オフィスまるごとサポート」の導入でトータルサポートを実現

茨城自動車整備工場様

導入の背景

パソコンやインターネットに関するトラブルや困りごとの迅速な解消を目指すとともに、電話の通話品質の改善や無線LAN環境の整備など、ICTに関するさまざまな課題を解決して、使い勝手がよく将来性のあるICT環境を整備したいと考えた。

選定のポイント

  • NTT東日本の通信サービスに対する長年にわたる信頼
  • 周辺機器の設定や使い方もカバーするサポート内容
  • リモートサポートで確実な対応が期待できる安心感

期待される効果

  • パソコンやインターネットの運用管理の負担軽減
  • 事務所などの無線LAN環境整備による利便性向上
  • ポータルサイトやタブレットを活用した営業力強化

ICTの管理負担の軽減や、通信環境の改善が急務に

NTT東日本 茨城支店 ビジネス営業部 土浦営業支店 営業担当 木村 富美代 NTT東日本 茨城支店
ビジネス営業部 土浦営業支店
営業担当
木村 富美代

茨城自動車整備工場様は、自動車の整備・販売・鈑金および損害保険の代理店業務などの自動車全般に関して、国産車・外車、新車・中古車を問わず幅広く手がけています。

そんな同社では、損害保険会社との契約手続きなどのやりとりにインターネットを利用したり、メーカーのホームページから新車のカタログを入手して自動車販売に役立てたりと、ICTを業務に積極的に活用してきました。しかし、社内にICTに詳しい従業員がいないことから、パソコンやインターネットに関する相談ごとやシステム障害などトラブルが発生した際は、メーカーの相談窓口に電話やメールで問い合わせたり、あちこちのホームページから解決法を探したりして対処していたといいます。そのため、トラブル対応に多くの時間を費やし、他の業務が後回しになるなど、ICTの運用管理は大きな負担になっていました。

また、通信環境に関しても、事務所などがある建物の構造上、屋内に電波が通りにくい環境となっていました。コードレスホンでの通話中に音声が途切れたり、無線LANルーターの電波が届かない部屋があるなど、スマートフォンやタブレット端末も使いにくい状況だったといいます。

そうした課題に対して、ワンストップで対応するサポートサービスの提供をはじめ、電話の通話品質の改善や無線LAN環境の整備など、お客さまの要望にトータルにお応えしたのが、NTT東日本でした。

ICT環境整備に向けてサポートも含めトータルに提案

NTT東日本茨城支店では、日頃の営業活動を通じて、茨城自動車整備工場様がご利用中のICT環境にさまざまな課題があることを把握しました。そこでまず、毎日の業務に欠かせないコミュニケーションツールである電話に関して、通話品質の改善やコスト削減を図るべく、通信回線を従来の「Bフレッツ(インターネット接続サービス) ハイパーファミリータイプ」から「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ新規ウィンドウで開く」に変更し、より高速かつ柔軟性のある通信インフラを整備した上で、「ひかり電話A(エース)」や「ビジネスホン」を導入いただくことも提案しました。

「ICTに対する関心が非常に高いお客さまであり、何か困りごとがあった場合には積極的にメーカーの相談窓口に問い合わせるものの、たらい回しにされることも多く、相談窓口の電話応対に非常に歯がゆい思いをされていました」と茨城支店の担当者も語る通り、新たなサービス導入に合わせてサポート体制の確保が必須と考えたことから、「ビジネスホンサポート」と「ITサポート」をセットにした「オフィスまるごとサポート(エントリーパック)」を提案しました。

さらに、今後は営業力の強化にもICTを役立てたいとの要望から、事務所などの無線LAN環境の整備に加えて、自社のポータルサイト立ち上げも容易な「光ステーション新規ウィンドウで開く」の導入も提案。サポートサービスの提供も含め、NTT東日本のトータルな提案内容を高く評価いただき、茨城自動車整備工場様では、使い勝手がよく将来性のあるICT環境の整備に取り組むこととなりました。

詳細な電波調査を実施して、屋内の無線LAN環境を整備

茨城自動車整備工場様が採用を決めたNTT東日本の「オフィスまるごとサポート(エントリーパック)」は、オフィスのICT環境をトータルに支援するサポートサービスで、電話機の故障全般を幅広くサポートする「ビジネスホンサポート」と、パソコンや周辺機器の「ITサポート」をセットにして低廉な月額料金で提供するものです。「ITサポート」は、ヘルプデスク・IT管理支援・トラブル対応・定期診断レポートの4つのサービスで、緊急時のトラブル対応にとどまらず、お客さまのICT環境を日常的に見守ります。通常の電話や訪問での対応に加えて、パソコンの遠隔操作によるリモートサポートや、セキュリティー設定状況を遠隔でチェックして定期的にお届けする「定期診断レポート」などサポート内容も豊富。ICTの運用管理に関する負担を軽減し、お客さまが本来業務に集中することを支援します。

また、無線LAN環境の整備に当たっては、茨城自動車整備工場様の事務所などがある建物の構造上、屋内に電波が届きにくいという問題がありました。そこで茨城支店では、電波測定や既存のネットワーク構成など詳細な事前調査を実施。その結果、部屋によっては壁1枚隔てるだけでも電波が大幅に弱まることが確認されたため、居住空間であるリビングと2階の部屋の2ヵ所に無線LANルーターを設置するとともに、車検や修理依頼で来社されるお客さまが出入りする事務所には「光ステーション新規ウィンドウで開く」を設置して、屋内の全域をカバーする無線LAN環境を構築することとしました。電話機についても、障害に強く電波が広範囲に届くアナログコードレスホンを採用して、通話品質を確保することとしました。

こうした取り組みについて、NTT東日本の担当者は「お客さまの求めるICT環境を確実に構築できるよう、SEが同行して詳細な調査を実施。実際の状況の把握に努めながら、既存システムに影響が出ないよう、準備をしたうえで構築に臨みました」と振り返ります。

トータルなサポートのもと今後のICTの利活用にも期待

茨城自動車整備工場様では、事務所などに整備した無線LAN環境のもと、どこでも手軽にインターネットへのアクセスが可能になりました。電話の通話品質についても大幅に改善され、ストレスのない通話が実現しています。

ICT機器の環境としては、デスクトップPCとノートパソコン、タブレット端末がそれぞれ1台、ファクス専用機が1台、コピー・ファクス複合機が1台、プリンターが1台、さらに「ビジネスホン」の電話機が3台となっています。

これらICT機器の使用に当たって、何かトラブルや困りごとがあれば、「オフィスまるごとサポート」受付センタへ問い合わせることで迅速に解決しているとのこと。以前は、例えばパソコンの文字入力でつまずいて、保険の契約がその場で完了せず後日へ持ち越してしまうといったこともあったそうですが、そうしたことも減り、顧客に向き合う時間も増えているといいます。さらに、定期的に届く「定期診断レポート」も欠かさず確認、必要に応じてセンタに問い合わせリモートサポートを受けるなど、ICT運用管理の負担軽減も実現しています。

今後の展開について、まずはインターネットの閲覧などに活用しているタブレット端末を訪問先に持参したいとのこと。新車販売・修理の見積もりや損害保険の契約などを端末上で処理したり、新車のカタログをタブレット端末の大きな画面で提示し、販売強化につなげていきたい考えです。そうした際に、端末内に大切な顧客データを残すことなく、安全かつ高度な利用を可能にするクラウドサービスの導入についても意欲的です。

また、今回導入した「光ステーション」を活用して、スマートフォン向けの自社ポータルサイトを立ち上げて集客につなげたり、車検や修理の待ち時間解消のため無料の無線LAN環境を提供して顧客サービス向上にも役立てたいといいます。さらに、災害時には無償で無線LANを開放するといった、地域貢献も目指したいと考えています。

ICTを業務に積極的に活用する茨城自動車整備工場様。これからもNTT東日本は先進サービスの提案やきめ細かなサポートを通じて、お客さまのビジネスをトータルに支援していきます。

構成図

構成図
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2014年2月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る