法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 三和電気工業株式会社様


三和電気工業株式会社様

Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」を用いて
ネットワークも含めたデータ保全環境の信頼性を大幅に向上

三和電気工業株式会社様

クラウド基盤と通信ネットワークはセットで考えるべき

  • 三和電気工業株式会社 常務取締役 石井 保雄 氏
  • 三和電気工業株式会社 常務取締役 中島 正人 氏
  • 三和電気工業株式会社 営業本部 佐藤 哲也 氏
三和電気工業株式会社様の概要
三和電気工業株式会社様

1947年の創業以来、通信用コネクタのパイオニアメーカーとして、高い技術力に基づく開発・生産を通じて、ICTの発展を支えてきた。小型で配線作業しやすいよう細部まで配慮された光製品の数々は、光ブロードバンドの進展に大きく貢献している。東京と山梨の既存製造拠点に加え、2013年にタイの工場が稼働を開始。ビジネス領域のさらなる広がりを見せている。

バックアップ業務の重要性や抱えていた課題について、お聞かせください。

石井氏

常務取締役 石井 保雄  氏 常務取締役
石井 保雄 氏

東日本大震災の発生を機に、重要データのバックアップを中心としたBCP対策が急務となりました。当社の手がける製品は、情報通信の現場において長年にわたり利用され、製品改良も求められることから、過去の製品の開発データも含めてバックアップすべきデータは膨大になります。しかし、そうした開発データの保管作業は各開発・拠点に任されており、データは分散し、一元管理できずにいたのが現状でした。データセンターの活用は過去に検討したこともありますが、コストに見合わないことから導入は断念。そうした折、各拠点の通信ネットワークが更改時期を迎えていたことから、ビジネスホンの更改や「ひかり電話オフィスA(エース)新規ウィンドウで開く」(電話サービス)の導入に合わせて、バックアップ環境を整備するべく、検討を開始するに至りました。

「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」を選定した理由は何ですか。

石井氏

通信ネットワークからクラウド基盤に至るまで、ワンストップで提供されることがまず挙げられます。クラウド基盤を支えるデータセンターの堅牢な設備やセキュリティーはもちろん大切な要素ですが、クラウドサービスを利用する上で、データを安全かつスピーディにやりとりするためには、高信頼なネットワークサービスも重要。さらにBCP対策という観点からも、いざという時に迅速な復旧や事業継続を図るためには、通信回線も含めてトータルに任せられるメリットは大きい。クラウド基盤の導入は通信ネットワークとセットで考えるべきものです。

佐藤氏

営業本部 佐藤 哲也 氏 営業本部
佐藤 哲也 氏

当初は、東京と山梨という拠点間が離れていることを活用して、拠点同士でデータを相互にバックアップすることも検討しました。しかし両拠点とも関東圏内にあることから、広域災害時に本当に意味をなすBCP対策となり得ないと判断。堅牢な設備を有するデータセンターをNTT東日本エリア全域に展開するNTT東日本のクラウドサービスに、おおいに期待しました。提案を受けた「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」については、コストや機能および将来の拡張性の観点からも私たちのニーズに合致することから、導入を決めました。

現時点での使い勝手や、導入成果について、お聞かせください。

中島氏

常務取締役 中島 正人 氏 常務取締役
中島 正人 氏

運用開始したばかりで、業務の効率化を含めた導入成果が表れるのはこれからだと考えていますが、高信頼なクラウド基盤にデータを安全に預けられるようになった安心感は大きいですね。自治体にも選定されているクラウドサービスということで、高品質で信頼性の高いサービスを手軽に導入でき、データ保全環境の信頼性を大幅に向上することができました。今回の構築では、バックアップ用にNASサーバーも合わせて導入しましたが、クラウド基盤だけでなく社内に設置したNASサーバーからもデータを復元できるなど、三重のバックアップ体制が確保できたことに満足しています。

NTT東日本に対する評価やご要望について、お聞かせください。

佐藤氏

BCP対策としてのクラウドサービスの利用にとどまらず、私たちのシステム環境を把握した上で、ネットワークやSIも含めた提案を行うなど、私たちのニーズに合ったバックアップ環境を提案・構築いただいたことを評価しています。なお、クラウド基盤へのバックアップ環境の移行に際して、大容量の初期データのフルバックアップにやや時間を要したものの、その後の日々のバックアップ作業については、スムーズに運用できています。今回は通信ネットワークの更改も合わせて実施していますが、更改したビジネスホンや「ひかり電話オフィスA(エース)」の使い勝手、「フレッツ 光ネクスト新規ウィンドウで開く」(インターネット接続サービス)や「フレッツ・VPN ワイド新規ウィンドウで開く」の高い通信品質についても、とても満足しています。

今後の展開や展望について、お聞かせください。

石井氏

今後は各拠点に設置している既存サーバーの更改に合わせて、サーバーを仮想化して社内システムをクラウド基盤に移行することや、従業員が利用する端末についてもシンクライアント化を図り、開発データの流出を防ぐといった、より万全なセキュリティー対策なども検討しています。そうした次のステップに進むのは、まだまだこれからですが、少なくとも今回、重要データを安全にバックアップできる環境を整備できたことは、今後のビジネス展開に向けた強固なビジネス基盤を手に入れることができました。2013年4月に、タイに設立した工場も稼働を開始しており、今回整備したバックアップ環境のもと、より高品質で魅力的な通信機器をいち早く市場に投入するなどして、これからもICTの進展に貢献したいと考えています。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2013年5月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る