法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 福島県檜枝岐村様


福島県檜枝岐村様

村の全世帯に整備した光ネットワークの利活用で
生活に密着した情報配信遠隔医療支援ICT教育が実現

福島県檜枝岐村様

光みんなの回覧板

防災無線の代替手段に、光ネットワークによる情報配信を選定

江戸時代から続く「檜枝岐歌舞伎」といった独自の文化や、尾瀬国立公園の玄関口として山々に囲まれた豊かな自然を有する、福島県檜枝岐村。面積の98%が林野という山深い村であり、全国有数の豪雪地帯でもあります。役場を中心とした約2kmの谷あいに集落が集中し、約200世帯が寄り添うように集まって生活しています。

NTT東日本 福島 法人営業部 法人営業企画担当 主査 石田秀樹 NTT東日本-福島
法人営業部
法人営業企画担当
主査
石田 秀樹

村では、役場からの情報提供などに活用してきたアナログ防災無線のデジタル化が必須となる中、代替となる通信手段の整備を検討していました。また、高齢化が進む住民の暮らしにICTサービスの活用が不可欠と考え、村内全域に光ネットワークによる情報基盤を整備することを決定。村の全世帯の約4分の1が旅館・民宿等の観光関連業ということで、ホームページ開設の必要性なども呼びかけ「フレッツ光(インターネット接続サービス)」の普及を進めていきました。

NTT東日本では、檜枝岐村の光ネットワーク敷設などの過程で、高齢化が進み、医療や介護の課題を抱える村の現状を把握。ICTの利活用を通じて、安心して暮らせる村づくりを推進する村役場の取り組みを支援したいと考えました。

そこで、2011年に経団連の「未来都市モデルプロジェクト」の介護医療分野「福島医療ケアサービス都市」の実証実験地として、檜枝岐村を推薦。「近隣の総合病院、専門病院まで往復2~4時間という患者さんの負担をなんとか克服したいと思い、プロジェクトを提案したところ、村も歓迎してくれました。当初は防災無線のデジタル化も検討していたといいますが、光ネットワークを活用すればより低コストで情報配信手段の整備も可能であり、他の利活用にも拡げられます。」とNTT東日本の担当者は語ります。その提案が、ICTを活用して課題解決を行いたいという村の要望に合致していたことから、村とNTT東日本は共同で、村の全域に光ネットワークを整備し、村役場からの情報配信や遠隔医療の実現を目指すこととなりました。

テレビ電話で村からの情報が確実に届く「光みんなの回覧板」

檜枝岐村では、全世帯への光ネットワークの整備に合わせて、2012年3月、村の全世帯にテレビ電話端末「ひかりフレッツフォン」を設置し、村から住民に向けて情報を分かりやすく伝える「光みんなの回覧板」をスタートしました。

「ひかりフレッツフォン」を使い、各家庭で情報を受け取る様子 「ひかりフレッツフォン」を使い、
各家庭で情報を受け取る様子

「光みんなの回覧板」は、「ひかりフレッツフォン」というテレビ電話端末に文字や音声、映像で情報を届けるもので、情報を発信する管理端末は役場だけでなく、学校やデイサービスセンター、JAストアにも設置。村からの行政情報や防災情報をはじめ、学校行事や敬老会のイベント情報など、さまざまな情報を住民に提供できるようになりました。音声を流すだけの防災無線や従来の紙での回覧板とは異なり、配信された情報が住民側の端末内に残るので、情報を聞き漏らしたり、見落としたりすることが少なくなります。

学校からのお知らせを配信する様子 学校からのお知らせを配信する様子

また、配信先をグループ化することで、学校に通う生徒の自宅だけに情報を配信するといった使い方も可能。さらに、一方通行の配信だけでなく、タッチパネルを使って双方向のやりとりもできるため、例えば授業参観に出席/欠席というような質問を送って保護者に回答してもらい、回答結果が自動的に集計されるといった、単なる情報配信にとどまらない活用も可能となります。

「光みんなの回覧板」の活用について、NTT東日本の担当者は「運動会の動画や保育園のお遊戯会の映像などを村内に配信した時は、保護者はもちろん、子どもたちを小さいころから見守ってきた地域のお年寄りの方々にも大変好評でした」と語ります。

「光みんなの回覧板」の活用

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2013年1月時点のものです。

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る

関連導入事例
帝京科学大学様
【基幹サーバーをデータセンターに移行してBCP対策を強化】
基幹サーバーの仮想化による一元管理を実現、キャンパス間ネットワークの高速化や学生サービスを向上
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート
芝浦工業大学様
視聴履歴やログ収集に着目して講義収録・配信システムを更改 学内システムとの連携強化で学修成果の可視化が可能に
健康科学大学様
SINET接続を含めた大学ICT環境をトータルコーディネート!
さらにNTT東日本データセンターにシステムアウトソーシングし、BCP対策およびTCO(運用稼働費含めたトータルコスト)の削減を実現!
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
「教育」の導入事例をすべて見る

関連導入事例
さかた耳鼻咽喉科様
紙のカルテの良さを活かしたペン操作と入力支援で診療に専念できる環境を確保
診療所向け電子カルテサービス「Bizひかりクラウド Future Clinic 21ワープ」
久保眼科歯科医院様
手書き入力の簡単操作で、全員一丸のチーム医療を実践
診療所向け電子カルテサービス「Bizひかりクラウド Future Clinic 21ワープ」
諏訪赤十字病院様
災害発生時における職員への連絡手段と安否確認プロセスを確立したことで、
初期救急医療体制を強化
一般社団法人 品川区医師会/荏原医師会様
医療・介護が連携し、在宅療養患者を支える
「多職種連携システム」のトライアルを実施
ふくろ皮膚科クリニック様
手書き入力や簡単なタッチ操作で、皮膚科特有の診療が実現
診療所向け電子カルテサービス「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ」
林外科クリニック様
自由度の高い操作性により診察の迅速化に貢献
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ」
「医療」の導入事例をすべて見る