法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 東京都千代田区様


東京都千代田区様

高信頼なNTT東日本データセンターにシステムを集約
プライベートクラウドも視野に入れた仮想化基盤を整備

東京都千代田区様

既存システムの運用実績に基づく、ノウハウの発揮に期待しました。

千代田区役所 政策経営部 IT推進課 課長 印出井一美氏

千代田区の概要
区役所外観

東京23区のほぼ中央に位置し、江戸の昔から日本の中心として発展してきた千代田区。区全体の約15%を皇居の緑地が占めるとともに、日本の首都機能が集中する永田町、大手企業の本社が集結する丸の内、書店街や大学などの文教地区として賑わう神田駿河台、秋葉原電気街を構成する外神田など、都心の魅力にあふれ、歴史と伝統が息づく。区内の大部分がオフィス街や官公庁街であり、夜間と昼間の人口差が大きいのも特徴。

千代田区の情報化についての取り組みや方針について、お聞かせください。

印出井一美氏

印出井一美氏

ICTの推進が私たち課の役割とはいうものの、何か目新しいシステムをまず導入して地域の活性化につなげるといったICTありきの施策ではなく、地域の課題解決やサービス向上のため、限られたリソースの中で職員の業務効率化や働き方の高度化、コスト低減につながるための手段として、ICTを活用すべきと考えています。その上で、庁内の業務に最適な情報インフラやプラットフォームの整備に重点的に取り組んでいます。これまでにも2007年に新庁舎開設を機に情報システムを再整備して、データセンターに庁内の一部システムを預けたり、庁内WANを整備したりと、ICT環境の信頼性向上や運用保守の効率化を実現してきました。そうした信頼性をさらに高めたいという思いが、今回のシステム更改につながっています。

今回のシステム更改の主な目的・目標は何だったのでしょうか。

職員の端末や庁内WAN、データセンターへのシステム集約と、規模が大きく、庁内のあらゆる業務に関わるインフラの更改ということで、まずは職員の業務に支障をきたさないこと、安定稼働してきた高信頼のシステムを新たな環境にスムーズに移行することが、今回の大きな目標でした。その上で、庁内や複数のデータセンターに分散していたシステムをNTT東日本のデータセンターに一元集約することで、運用保守のさらなる効率化を目指すとともに、仮想化技術を用いてサーバーの集約を図り、環境負荷を低減したいとも考えました。さらに、千代田区には日本の政治・経済の中枢機能が集中していることもあり、大規模災害発生時も迅速な業務復旧を通じて地域に役立つよう、データやシステムのバックアップ手段の確保に向けた環境整備も急務でした。

NTT東日本に期待したことや実際の対応についてはいかがでしたか。

データセンター

データセンター

ネットワークインフラの更改は多方面に影響を及ぼすだけに、私たちでは見落としてしまいがちな空白域が発生しかねません。NTT東日本には、そうした点をフォローすべく、既存システムの運用保守や、他のベンダーのシステムとの連携を手がけてきた実績を踏まえたノウハウを発揮してもらえることに期待しました。その結果、更改作業には大きなトラブルもなく、各課から新たに寄せられる追加の要望にも柔軟に対応、スムーズなシステム更改に尽力してくれたことを高く評価しています。また、日本の情報インフラを支えてきた通信事業者として、東日本大震災発生直後から社会的な使命を果たし、通信復旧に当たったことも、大きな信頼の背景となっています。なお、データセンターの選定に際して、従来は千代田区内や湾岸エリアのデータセンターを活用していましたが、地盤がより強固で津波の影響を回避でき、緊急時には区役所から徒歩でも向かうことができるNTT東日本のデータセンターが最適と考え、システムを集約することにしました。

今後の展開や展望について、お聞かせください。

今回更改した環境のもとで、通信インフラの整備についてはほぼ完了したと考えています。これからは職員のニーズに応じて、利便性のさらなる向上に貢献するような新たな取り組みを推進するなど、次のステップに進みたいと考えています。千代田区は東京23区の中でも早くからデータセンターを活用しており、重要データを外部に預けることに対して庁内の各部署からも協力を得やすい環境にありますので、今後は庁内の他システムについても更改時期に合わせてデータセンターへの集約を図るとともに、複数のデータセンターで重要データをバックアップするといった、プライベートクラウド的な環境を導入することも検討しています。NTT東日本には、そうした高信頼なインフラ環境の提供や高品質な運用保守サービスを今後も期待しています。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2012年12月時点のものです。

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る