法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 岩手県野田村様


岩手県野田村様

全世帯にIP告知端末を設置
村からの情報配信で地域の「絆」再生へ

岩手県野田村様

導入の背景

光ブロードバンドによる情報通信基盤を活用し、IP告知端末による情報配信サービスで、村からの情報を分かりやすく届けるとともに、人と人、人と地域の絆を活性化させる環境を整備したいと考えた。

選定のポイント

  • 子どもから高齢者まで親しみやすい、端末の使いやすさ
  • 多彩な活用が期待できる光ブロードバンド環境の将来性

期待される効果

  • 光ブロードバンドの基盤整備による、デジタル・ディバイドの解消
  • 画面と音声を活用して、記録が残り、見やすく分かりやすい情報の提供
  • テレビ電話機能の活用による、村民同士のコミュニケーションの活性化

地域情報化計画を策定、村の活性化に向けた施策が急務に

岩手県北東部の太平洋側に位置する野田村。ゆるやかな弧を描いて続く3.5kmの十府ケ浦海岸では古くから製塩が盛んであり、当地で作られた「野田塩」は、北上山地を越えて盛岡や雫石方面へ、さらには遠く秋田県・鹿角方面にまで運ばれていたといいます。
2011年3月11日の東日本大震災に際し、村の中心部にまで大津波が押し寄せ、村は甚大な被害を受けましたが、現在、村全域において復旧・復興に向けた作業が急ピッチで進められています。

NTT東日本岩手支店 法人営業部公共ソリューション担当 営業担当課長代理 松平 宏司

NTT東日本岩手支店
法人営業部
公共ソリューション担当
営業担当課長代理
松平 宏司

野田村では、以前から高齢化や過疎化、少子化の問題を抱えていました。希薄になりつつある地域コミュニティの再生や雇用環境の改善に向けて、2008年1月に「野田村地域情報化計画」を策定、情報通信基盤を整備して村の活性化を図りたいと考えていました。
2007年度にスタートした「野田村地域情報化計画検討委員会」に参加していたNTT東日本では、住民から村へ寄せられる要望の中でも特に、高速インターネット利用環境の整備も含めた光ブロードバンド環境の構築と、村からの効果的な情報配信による地域コミュニティの活性化が急務であると考えました。そこで、情報通信基盤の構築に向けた提案を進めるとともに、地域に密着した情報のやりとりが可能な「IP告知端末」を用いた情報配信サービスの提案を行いました。

その後、村では2009年に、IRU方式(*1)により、村内全域に光ブロードバンドによる情報通信基盤を整備する方針を決定、入札を経て、NTT東日本が情報通信基盤の整備とIP告知端末による情報配信サービス導入に取り組むこととなりました。

当時の状況についてNTT東日本の担当者は、「情報通信基盤の整備に向けて構築作業を進める中、より多くの住民にその利便性をご理解いただき、積極的にご利用いただけるよう知恵を絞りました。例えば、毎年秋に行われる村の総合文化祭において展示ブースを設け、『光ブロードバンド環境によってどのようなことができるか』を住民の皆様に体験していただいたり、『何よりも住民のために』という村の熱意に応えるべく、役場の方々とまさに二人三脚で取り組んでいきました」と振り返ります。

  • *1:IRU方式とは:自治体等が保有する光ファイバー等について、通信事業者や放送事業者等がIRU(Indefeasible Right of User:関係当事者の合意がなければ、破棄または終了ができない回線使用権)の設定を受け、自社のサービスを提供するための伝送路設備として借りる方式。

「のんちゃん」が情報を配信、住民に親しまれるIP告知端末へ

IP告知端末画面(のんちゃん天気予報)

IP告知端末画面(のんちゃん天気予報)

野田村が導入を決めたIP告知端末による情報配信サービスとは、光ブロードバンド環境を活用して、NTT東日本の「ひかりフレッツフォン新規ウィンドウで開く」を全世帯に設置し、端末画面を介して、村などからの各種情報を無料で提供するサービスです。これまで紙の回覧板や書類配布、無線放送などにより提供していた情報が、IP告知端末を用いることで迅速に、かつ画面と音声によって確実に各世帯に届きます。配信用のコンテンツも簡易に作成することができ、村内に閉じた通信環境の特性を活かして身近な情報を安心・安全に提供できます。また、テレビ電話の機能を使って住民同士が、相手の顔を見ながら手軽なやりとりをすることも可能です。

村職員による配信コンテンツの作成風景

村職員による配信コンテンツの作成風景

「本システムの提案に当たり、村長をはじめ職員の方々などに製品デモを通じて実機に触れていただいたところ、画面の見やすさやタッチパネルの操作性について高い評価やご意見を頂きました。住民のための情報配信サービスという事業に対する理解も深まり、導入への機運が一気に高まりました」と、NTT東日本の担当者は振り返ります。 情報通信基盤の整備と並行して、導入後に配信する情報内容などを検討する中で、村が強く希望したのは、村のマスコットキャラクター「のんちゃん」を画面に登場させることでした。住民が慣れ親しんでいるキャラクターが画面に登場して情報を届けてくれることで、子どもからお年寄りまで、IP告知端末をより身近に感じ、親しみを持って暮らしの中に採り入れてもらえると考えたからです。そこでNTT東日本は、システム開発を手がけるソフトウェアベンダーに協力を仰ぎ、画面のカスタマイズを実施。村でも、光ブロードバンド環境の整備および村からの情報配信サービス事業を「のんちゃんネット」と命名し、全世帯への導入に向けて動き始めました。

端末設置とインターネット利用に関する訪問調査を全世帯に実施

のんちゃんネットの導入は、2010年11月から村内約1,600世帯を対象に開始しました。導入に当たり、村は広報誌などを通じて、事業の導入意図や工事計画、また端末自体には料金がかからないことや毎日の情報配信サービスを無料で利用できることなどについて、住民に周知を図りました。さらにNTT東日本と共同で、全世帯に対する訪問調査を同年7月から実施。端末の設置場所や配線状況の確認、「フレッツ光新規ウィンドウで開く」(*1)の導入を含めたインターネット利用に対する要望を事前に確認しました。光ファイバーケーブルの引込箇所など工事に必要な情報を事前に確認することにより、短期間での迅速な工事を実施するための調査でした。住民の協力を得て綿密な調査を実施した結果、全世帯への「のんちゃんネット」端末の設置はスムーズに完了することができました。

観光物産館ぱあぷる(道の駅のだ)に設置された「のんちゃんネット」端末

観光物産館ぱあぷる(道の駅のだ)に
設置された「のんちゃんネット」端末

「訪問調査や宅内工事に向かう車両に『のんちゃんネット』事業のステッカーを貼ることで、住民の協力が得やすくなるなど、『のんちゃん』の人気を再認識しました。訪問調査を行った際に、インターネットを利用してみたいという高齢者からの要望も多く、ICTに対する住民の関心がとても高いことを実感しましたね。IP告知端末ならではの双方向通信は、村と住民とのコミュニケーションの活性化につながります。また画像と音声による情報配信サービスは、生活のさまざまな場面での利用が可能で、今後は遠隔健康相談や見守り、緊急通報など、住民サービスの拡充にも寄与するものと確信しています」と、NTT東日本の担当者はシステムの将来性について語ります。

村の全世帯に設置された「のんちゃんネット」端末は、設置直後から早速、無料のテレビ電話として住民同士の気軽なやりとりに用いられました。また、小中学校や観光物産館などの公共施設にも設置、小学校のクラス単位など配信先を細かく設定したグループ配信などの準備も進め、2011年3月からの情報配信サービスの本格開始を待つばかりとなっていました。

  • *1:「フレッツ光」とは:「フレッツ 光ライト」、「フレッツ 光ネクスト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称。

東日本大震災の直後から、「のんちゃんネット」による情報配信サービスを再開
炊き出しのお知らせなど生活支援情報の提供に役立つ

2011年3月11日の東日本大震災は、地震直後に発生した大津波により、村の各地に深刻な被害を引き起こしました。村内に整備した光ファイバーケーブルは流失・断線するとともに、ネットワーク設備を収容していたNTT東日本の通信ビルも、損壊する事態となりました。しかし役場2階に設置していた情報配信用のサーバー類は浸水を免れたことから、数日後、電力の復旧とともに機器の電源を入れてみたところ、ネットワークを介して村内の約半数の「のんちゃんネット」端末が利用可能であることが確認できたのです。そこで、村から炊き出しなどの生活支援情報を早速配信。電話をはじめ村の通信手段がほぼ途絶した状況において、村から住民への貴重な情報提供手段としての役割を果たしました。

NTT東日本の担当者は、当時の状況と今後への決意を次のように語ります。「NTT東日本では、緊急措置として近隣の通信ビルから回線を村役場に開通させ、役場内には当社から電話交換機を持ち込み村の通信手段の確保に努める一方、「のんちゃんネット」についてはシステム開発ベンダーに協力を仰ぎ、震災発生直後から情報配信サービスを再開することができました。住民すべてに広く情報を届け、緊急通報を提供するという本事業の導入効果が表れるのはこれからですが、被災後に住民の方から『「のんちゃんネット」から届く役場からの情報に励まされた』との声が寄せられるなど、非常時にも活用いただけたことは何より励みになりました。被災設備の復旧後は、「のんちゃんネット」による光ブロードバンド環境をさらに活用した安心・安全につながるソリューションのご提案に全力を尽くしたいと考えています。」

野田村では現在、「安全・安心で活力あるむらづくり」を基本理念に掲げた復興計画に基づき、1日も早い復旧・復興に向けて、一丸となって取り組んでいます。NTT東日本は、グループの総合力を結集した情報通信環境の復旧や、住民支援・防災などの先進ソリューションの提供を通じて、村の復興と発展、そして地域の活性化を通じた「絆」の再生を目指す野田村の取り組みを、あらゆる角度から支援したいと考えています。

震災後の配信内容(一部)一覧表

震災後の配信内容(一部)一覧表
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2012年1月時点のものです。

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る