法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > とちぎコープ生活協同組合様


とちぎコープ生活協同組合様

ひかり電話オフィスA(エース)(電話サービス)」で
利便性の向上を図り、通信コストを大幅に削減

とちぎコープ生活協同組合様

導入の背景

拠点数が多く、多数の組合員との電話でのやりとりのため増え続ける通信コストを削減し、ボイスワープやナンバー・ディスプレイなどの便利な機能を追加料金なしで利用したいと考えた。

選定のポイント

  • 初期費用をあまりかけずにコスト削減が期待できること
  • ナンバー・ディスプレイなどを基本料金で利用できること

期待される効果

  • 既存の通信環境を利用しつつ通話料一部無料化による大幅なコスト減
  • ボイスワープなどの継続利用による利便性の維持・向上

選定ソリューション

電話でのやりとりが頻繁に発生、通信コスト削減が急務に

とちぎコープ生活協同組合(以下、とちぎコープ)様は、栃木県の人口の4分の1を超える約21万世帯が加入する消費生活協同組合です。県下に7つのコープデリ配送センターと11の店舗を展開、オリジナルブランドの食品など生活必需品を手頃な価格で提供するとともに、暮らしを支えるさまざまなサービス事業を展開しています。

店舗での販売と並び、とちぎコープ様の主力事業と言えるのが、宅配サービス「コープデリ」です。食料品や日用品を毎週決まった曜日・時間帯に組合員の自宅に届けるサービスで、毎日の買い物が大変な高齢者や育児に追われる家庭から「とても便利」と好評を得ています。そうした評判は口コミなどで広がり、利用者はいまや約9万人にのぼります。

組合員一人ひとりが出資金を出して事業や活動の運営に参加し、利用するという生活協同組合の組織の性格上、組合員と直接やりとりする機会は多く、電話はコミュニケーションツールの主役です。「コープデリ」においても、宅配の注文に対する確認や問い合わせへの回答、オススメ商品の告知など、日常的に電話を活用。さらに、県内7拠点の配送センターと本部との内線通話やファクスでのやりとりも頻繁であり、電話料金は増える一方。通信コストの削減は急務となっていました。

通信サービスの積極導入で、コスト削減に取り組む

とちぎコープ様では、通信コストの削減を図るべく、これまでにもさまざまな通信サービスを比較検討、積極的に導入を図ってきました。他社の通信サービスを採用された時期もありましたが、現在は、故障発生の際などの迅速かつ効率的な対応においてNTTグループの通信サービスを高くご評価いただいています。2008年には電話を頻繁に利用している組合本部に、NTT東日本の「ひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)」を導入するとともに、各事業所には「ひかり電話オフィスタイプ新規ウィンドウで開く(電話サービス)」を導入するなど、通信コストの削減に積極的に取り組んできました。

2008年の各種ひかり電話サービス導入後、さらなるコスト削減を視野に、さまざまなIP電話サービスの導入を検討してみるものの、日々の業務に欠かせない電話やファクスの信頼性を最優先に考えると、低廉な料金というメリットだけでは更改に至らなかったといいます。一方、「コープデリ」の利用者数の伸びとともに回線数も通信費も増加の一途をたどり、回線集約などによるコスト削減を図りたいと考えていました。

そうして検討を重ねる中で、通信環境の信頼性を確保しつつ、毎月の電話料金の削減や回線の集約により、さらなるコスト削減が期待できる通信サービスとして、とちぎコープ様が導入を決めたのが、NTT東日本の「ひかり電話オフィスA(エース)」でした。

ネットワーク構成

ネットワーク構成

※「ひかり電話ビジネスタイプ」は平成28年3月31日(木)をもってサービス提供を終了しました。

ボイスワープなどの機能を追加料金なしで利用可能

とちぎコープ様が導入を決めたNTT東日本の「ひかり電話オフィスA(エース)」は、「フレッツ 光ネクスト新規ウィンドウで開く(インターネット接続サービス)」に対応した事業所向けの光IP電話サービスです。県内一律3分6円(税抜)という安価な通話料金プラン(*1)がもたらすコストメリットをはじめ、NTT東日本エリアの同一契約者グループであれば事業所間の音声通話料が無料となる(*2)のが最大の魅力。また、とちぎコープ様ではこれまで、ボイスワープやナンバー・ディスプレイ機能を積極的に活用して電話応対のサービス向上などに役立ててきましたが、そうした利便性の高いさまざまな機能が基本料金に含まれているのも、「ひかり電話オフィスA(エース)」の大きな特徴です。(*3)

さらに、1契約で最大100チャネル(加入電話100回線分)、300番号まで使用できる高い許容能力も有している(*4)ことから、回線の集約による大幅なコスト削減を図りたいというとちぎコープ様のニーズに合致していました。また、既存の交換機や端末を活かすことができる(*5)ため、初期コストが安くすむというコストメリットもあることから、2011年に「ひかり電話オフィスA(エース)」を導入しました。

  • *1:[プラン1の場合]通話時間が短い場合や割引サービスの加入状況などによってはお得にならない場合があります。また、「県内」「県間」の区分は、一般の行政区域とは異なる場合があります。
  • *2:ご利用には、事前にグループ登録のお申し込みが必要です。ひかり電話オフィスA(エース)を同一契約者名義でご利用いただいている事業所間の音声通話料(NTT東日本の営業エリア内)が無料となります。
  • *3:ナンバー・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。
  • *4:ご利用いただくアクセス回線により、ご利用可能となる最大チャネル数が異なります。各アクセス回線毎の最大チャネル数は以下の通りです。
    フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプ 8チャネル
    フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリータイプ 32チャネル
    フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ 100チャネル
  • *5:ISDN対応機器、G4FAXなど、一部の電話機はご利用いただけません。

「ひかり電話オフィスA(エース)」で通信コストを大幅削減

とちぎコープ様では、組合本部や各営業所に「ひかり電話オフィスA(エース)」を導入したことで、本部と営業所、配送センター間の通話料金が無料になりました。さらに全事業所トータルで200を超えていた回線数を大幅に減らして回線使用料を低減し、通信コスト削減を実現しました。

なお、導入に際しては一部の事業所で電話機も更改しましたが、その際に事務所内の電話の設置環境についても見直すこととしました。具体的には、壁にかけて設置している電話機の配線に関して、従来は足元の情報コンセントから壁面に沿って延長ケーブルを延ばしていたことから、配線が煩雑であり、断線の心配もありました。そこで、壁に掛けた電話機のすぐ脇に情報コンセントを設置して配線を簡素化。オフィス環境を改善することができました。また、故障発生の際の問い合わせ窓口をNTT東日本に一元化できたことで、ネットワークに関することならばなんでも気軽に相談できる環境が整うなど、目先のコスト削減だけではない環境を整備保でき、大きな安心につながっているといいます。

とちぎコープ様では、今後も引き続き業務や経費の無駄を省き、より安定した事業運営を通じて組合員の日々の暮らしを支えるべく、さらなる通信コストの削減を目指していきたいお考えです。NTT東日本は、そうしたご要望にお応えし、通信サービスの提案やシステム構築を通じて、とちぎコープ様の組合運営と、組合員の皆さまへのサービス向上に貢献したいと考えています。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2011年12月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る