法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > JA甲府市様


JA甲府市様

売上データを集中管理
生産者と消費者をつなぐ「産地直売所」をASP型サービスで効率的に運営

JA甲府市様

導入の背景

POSシステムの更改にあたって、売上データをリアルタイムに集中管理できる環境を導入することにより、産地直売所の運営効率化と生産者支援を図りたいと考えた。

選定のポイント

  • ASP型サービスであることによる構築・運営コストの大幅な低減
  • 産地直売所の運営スタッフを交えたデモ実施など詳細な事前検証
  • システムからネットワークまでワンストップ対応できる体制

期待される効果

  • 新鮮な農産物が店頭に常に並ぶ、魅力ある産地直売所の実現
  • 産地直売所直売所管理者の事務作業軽減・負担軽減
  • 生産者の生産意欲・販売意欲の喚起
  • 売上データ管理のリアルタイム化による事務処理作業の軽減

選定ソリューション

地産地消や食の安心・安全への期待が高まる「産地直売所」

パソコンPOS

パソコンPOS

寒暖の差が大きい盆地特有の気候に適した落葉果樹が栽培され、ブドウ・桃・スモモの生産では全国1位の山梨県。県の中央に位置する甲府市を主な拠点として、農業を支える担い手をさまざまな角度から支援し、食糧の安定供給と「安心して暮らせる地域社会」の実現に尽力しているのが、JA甲府市様です。生産者が出荷した農産物を市場に出荷するのに加え、「地産地消」の取り組みとして、農産物を消費者に直接届ける産地直売所(以下、直売所)を運営しています。

「食」への関心が高まる中、地元で収穫された新鮮な農産物を手ごろな値段で購入できる直売所は、地域の消費者はもちろん、都市部からの観光客にも人気のスポット。人気の農産物は午前中に売り切れてしまうこともしばしばとか。全国各地でその数は増加し、売上も伸ばしているといいます。
直売所は、普通の小売店舗とは流通形態が異なり、地元の生産者が収穫したものを持ち込んで委託販売するもので、生産者に店頭のスペースを貸しているイメージに近いといえます。
農産物を販売する流れは、具体的に以下のようになっています。
まず生産者は、毎朝、収穫したばかりの農産物を直売所に持ち込み、自身で値決めしたバーコードの付いたラベルシールを貼って店頭に並べます。直売所では販売時にレジで商品のバーコードを読み取り、後日、集計した売上データに基づき、生産者への支払いが行われます。
閉店時に売れ残った商品は、その日のうちに生産者が引き取るのが原則です。 魅力ある多彩な農産物を常に店頭に並べ、品切れをなるべくなくし、より多くの商品を販売するには、生産者と直売所の緊密な連携が不可欠となります。

JA甲府市様では、市内2店舗の直売所「穫れたてLand」(山城店・池田店)を運営しています。このうち、池田店のPOSシステムは、導入から5年を経過し、更改時期を迎えていました。もう1店舗の山城店では、売上管理が可能なPOSシステムを導入済でしたが、構築や運用管理に高額な費用を要しており、池田店に同じシステムを導入することは、組合員(生産者)にも負担を強いることにつながりかねないため、コスト面がハードルとなり、なかなかシステム更改に踏み切れずにいたといいます。
そうしたJA甲府市様の課題にお応えし、池田店のシステム更改とそれによる運営の効率化を実現したのが、NTT東日本の「ASP型産地直売所システム(1,2,の産直)」(以下「1,2の産直」)でした。

直売所の店員を交えたデモで、システムの使い勝手を徹底検証

NTT東日本 山梨支店 ビジネス営業部 営業担当 浅川 英樹

NTT東日本 山梨支店
ビジネス営業部 営業担当
浅川 英樹

NTT東日本山梨支店は、機会を得て県全域を統括するJA全農やまなし様を通じ、県内のJAを対象に、「1,2,の産直」のデモ展示を交えたご案内の場を設けさせていただきました。その際、本システムに高い関心を示していただいたのが、JA甲府市様でした。デモ実施後のヒアリングを通じて、池田店のPOSシステムの更改や山城店のPOSシステムの保守費用に関する課題を伺うとともに、将来的に両店舗のシステム統一を図り、本部で集中管理する環境整備を図りたいというご要望を把握。そこで、売上情報の多角的な集計管理・分析や生産者への迅速な売上情報提供を実現する「1,2の産直」の機能や、ASP型で導入・運用ともに比較的安価に手軽に利用できる経済性などをアピールしたところ、導入をご検討いただけることとなりました。

「1,2,の産直」では、パソコンにバーコードリーダーなどのPOS周辺機器を接続した「パソコンPOS」をレジとして利用するため、従来のレジの操作に慣れている直売所のスタッフには若干ハードルが高いのではないか、高齢化が進む生産者に携帯電話やパソコンにリアルタイムで送られる売上速報を見ていただけるのか、といったことが、導入を検討されるにあたっての懸念材料だったといいます。

そこでNTT東日本では、JA甲府市様の本店内に本システムのデモ環境をご用意した上で、直売所のスタッフに参加を呼びかけ、レジ操作を実際に体験していただき、これまでのものと少し違うがそれほど操作性は変わらないことを実感していただくなど、本システムの有効性についての細やかな検証とアピールを行いました。
こうした様々な提案・検証期間を経て、JA甲府市様は本システムの導入を決定、「1,2の産直」による新たな直売所システムを構築することとなりました。

「東京の本部の協力を得て、デモ機器の用意やお客さまからの問い合わせへの迅速な回答に努めるなどして、技術的にもサービス内容的にも問題なくシステムの更改が実現できるよう、全社を挙げてJA甲府市様の取り組みにお応えしてきました」(浅川)

売上データを集中管理、ASP型で手軽に利用できる「1,2,の産直」

ラベルプリンターと管理端末

ラベルプリンターと管理端末

NTT東日本の「ASP型産地直売所システム(1,2,の産直)」は、直売所のPOSシステムの売上データを「フレッツ 光ネクスト新規ウィンドウで開く(インターネット接続サービス)」などを利用したインターネット経由でデータセンターに送り、集中管理するというもの。直売所の一連の業務をPOSシステムと本システムの連携により、売上情報の多角的な集計管理・分析や、生産者への売上速報提供を実現します。豊富な機能をASP型で低コストかつ手軽に利用できるのが大きな特長であり、生産者と直売所、さらには新鮮な農産物をいつでも購入できるという意味で、消費者にとっても、三者いずれにもメリットをもたらします。

システム利用の流れは以下のようになっています。 まず生産者は、その日に穫れた野菜や果物、加工品などの商品を直売所に持ち込む際に、備え付けのラベルプリンターにより出力したバーコードラベルシールを商品に貼り付け、店頭に並べます。商品が売れると、生産者・品目・金額などの売上データがデータセンターに送られ、店舗ごとに集計されます。
刻々と変化する売上集計データは、直営所やJA本部などの管理事務所でも確認でき、生産者もパソコンや携帯電話から随時チェックすることができる機能を備えています。商品の品切れに伴う補充については、従来は直売所のスタッフが生産者に電話で連絡するか、生産者が直売所に出向いて確認するしかありませんでした。しかし、本システムを活用すれば、生産者は自身で出荷した商品の売れ行きを随時確認でき、タイムリーに補充できるようになるのみならず、売れ行きに応じて翌日の出荷量を調整するといった柔軟な対応が行えるようになります。
直営所では、日報・月報といった形でデータの集計を行い、さらにCSV形式で出力したデータを表計算ソフトなどに取り込んで自由に分析するといった活用も可能です。

「1,2,の産直」は、こうした直営所運営の大幅な効率化に加えて、初期費用を抑え、低コストで利用できるのが大きなメリットです。「フレッツ 光ネクスト」などの通信回線を介してデータセンターを共同利用するASP型のサービスであるため、構築費・保守運用費ともに安価で導入しやすく、POSレジには一般のPOSレジよりも低価格なパソコンPOSの利用を推奨している(*1)ため、POSレジとして以外にパソコンとしても活用することができます。

「お客さまには、本システムの有効性やメリットについて高く評価していただくとともに、通信回線や電話機を取り扱う『電話の会社』というNTT東日本に対する従来のイメージから、『システムインテグレーター』としてのご評価もいただけるようになりました。おかげさまで、お客さまの協力のもと、『穫れたてLand 池田店』へのシステム導入はスムーズに完了し、大きなトラブルもなく運用していただいています」(浅川)

  • *1:既存のPOSレジとの連動も可能です。既存POSでのご利用の際は、別途、ご相談願います。

生産者の収益向上や直売所の効率運営をICTで実現

直売所「穫れたてLand」池田店

直売所「穫れたてLand」池田店

「1,2,の産直」を導入したJA甲府市様「穫れたてLand 池田店」の新たな直売所システムは、2010年8月から稼働を開始しました。店舗の売上データを集中管理し、直売所へ出荷した農作物の売上状況を生産者が携帯電話やパソコンからいつでも確認できる環境が整いました。また、集計した売上データが売上速報としてメールで届くようになり、「自分の売上を早く正確に知りたい」という生産者の要望にも的確に応えられるようになりました。池田店には約100名の生産者が出荷していますが、そうした情報を基に、生産者はより売れる農産物の出荷や生産に力を入れるなど、作業の効率化や収益の向上、ひいては意欲の喚起にも貢献しているといいます。
また、導入に際して、値札のバーコードを山城店のPOSレジシステムの仕様と合わせたことによって、例えば池田店のラベルプリンターで出力した値札の商品を山城店にも陳列できるなど、毎日の出荷業務の効率化も実現しました。

当初、システムを実際に利用する直売所の店員には、キーボードやマウスの使用に抵抗感があったといいますが、パソコンPOSの操作にもすぐに慣れ、今では普通のPOSレジシステムと同様に利用されています。

一方、JA甲府市様においては、直売所の集計データを月別、品目別、生産者別、時間帯別、分類別などあらゆる角度から確認、生産計画や販売計画の策定など直売所の経営分析に役立てています。「ナスの売れ行きが良いので明朝は多めに出荷してほしい」といった生産者への依頼やアドバイスもタイムリーに行えるようになりました。
また従来は、売上伝票を基に担当者が1時間ほどかけてパソコン入力していた精算業務も、確認作業を含めて約10分で完了するなど、大幅な業務効率化が実現しています。

「バーコードを店舗共通の仕様にしてほしいといった、現場の率直なご意見を積極的にいただけることに、本当に感謝しています。」(浅川)

JA甲府市様では、「穫れたてLand 池田店」でのシステム利用が好評なことから、もう1店舗の山城店についても、POSレジシステムの更改時期に合わせて本システムを導入する予定です。両店舗の売上データを集約することにより、直売所運営のさらなる効率化が期待できるとともに、各店舗の売上状況などを生産者に伝えることによって、売上アップに役立ててほしいと考えています。

ASP型産地直売所システム「1,2,の産直」構成

ASP型産地直売所システム「1,2,の産直」構成
  • ASP型サービスにて提供することで、サーバーの設置、管理が不要となります。
  • 直売所での管理業務・事務作業を軽減することができます。
  • 生産者は自身の売上状況を携帯電話やパソコンから、随時確認することができます。
  • ASP型サービスは株式会社ビジコムで運営しております。
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2011年12月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社エスカム様
農政支援システムをクラウドで提供
サーバーの運用管理の手間を省き、データ保全の信頼性向上を実現
JA共済連 茨城(全国共済農業協同組合連合会 茨城県本部)様
迅速な初動対応に向け職員の安否確認手段を整備
社内コミュニケーションへの活用にも期待
JA甲府市様
売上データを集中管理
生産者と消費者をつなぐ「産地直売所」をASP型サービスで効率的に運営
JAグループ山形様
ビジネスイーサを利用した「JASTEM次期システム対応ネットワーク」の導入
「農業」の導入事例をすべて見る