法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 葛飾区様


葛飾区様

シンクライアントで利便性とセキュリティーを両立
校務効率化により子どもと向き合う時間の確保を

葛飾区様

導入の背景

校務システム導入により、校務や教材作成の効率化を図り、子どもと向き合う時間を増やすとともに、学力向上につなげたいと考えた。

選定のポイント

  • 教育のICT化に関する豊富な構築・運用実績
  • 教育現場のニーズに即した先進の校務システム
  • 高い情報セキュリティーを実現する技術力

期待される効果

  • 校務や教材作成に要する時間や手間の削減
  • 校務の効率化による、子どもと向き合う時間の増加
  • IT教材の効果的な活用による子どもの学力向上

ICT化を通じて子どもたちの学力向上に取り組む葛飾区

下町の温もりある風情がそこここに感じられ、住民同士のつながりも強く、地域全体に見守られて子どもたちがいきいきと育つ、東京都葛飾区。区の教育委員会では、2008年に『葛飾区教育振興ビジョン(第2次)』を策定、「確かな学力の定着」を柱とした人間力育成を目標に掲げて、学校や家庭での学習習慣の確立に向けたさまざまな施策を展開してきました。

子どもたちの学力向上を図るためには、校務に追われがちな教員の負担を少しでも軽くして、子どもと向き合う時間を増やすこと、授業への関心を高める効果的な教材を活用することが不可欠です。区では、ICTの利活用にいち早く着目、1989年から4年間かけて全中学校にコンピュータルームを整備したのをはじめ、2008年度には全校に電子黒板(IWB:インタラクティブホワイトボード)用の大型モニターを導入したり、インターネットを授業に取り入れたりするなど、ICT環境の整備に努めてきました。

さらに、2010年1月に策定した「葛飾区学校ICT化推進計画」においては、子どもたちの学力向上とICTを使いこなす能力の育成を目指すとともに、教員が子どもと向き合う時間を確保できるよう、校務の効率化に向けたICT環境の整備に取り組むこととしています。

パソコンやインターネットの利用増でセキュリティー確保が急務に

葛飾区は、「校務の効率化に向けたICT環境の整備」に関して、教職員が自分専用のパソコンで校務処理や教材作成を行えることが不可欠であると考えました。一方で、学校の現場では、教員が授業や教材作成などのためにインターネットを利用したり、成績管理や出欠管理などの校務処理のために私用のパソコンを学校に持ち込んだりするケースが増加しており、外部からの不正アクセスや個人情報の漏えいが危惧されるなど、教育現場における情報セキュリティーの確保が大きな課題となっていました。

区では、すべての小・中学校を対象に無線LAN環境と教職員用のパソコンの導入を計画していましたが、実施にあたっては、情報セキュリティーの確保には特に注意を払うことが必須であると考えました。そこで、シンクライアント端末で校務と教材作成の両方を行うことができ、成績などの個人情報はデータセンターに設置したサーバーで一元管理し、データの紛失や情報漏えいを防ぐ「葛飾区学校教育総合システム」を構築することとなりました。システムの構築ならびに運用を担うこととなったのが、これまで長年にわたり、葛飾区の教育のICT化を支援してきたNTT東日本でした。

NTT東日本の提案内容と実績を評価

NTT東日本は、コンサルティングから構築、運用・保守までを一貫して提供できるトータルな教育ソリューションを展開しており、小・中学校から大学・短大まで、数多くの導入実績があります。情報セキュリティーに関しても、教育機関や企業への導入実績が豊富で、マルチベンダーとしての中立性・地域密着型のきめ細かな対応といった強みを備えています。

葛飾区の教育のICT化についても、インターネット利用に向けた通信ネットワークの整備や一部学校への校務・教務システムの導入など、さまざまな角度から携わってきました。

葛飾区は、葛飾区教育振興ビジョン(第2次)、葛飾区学校ICT化推進計画の実現にあたり、2009年度の文部科学省「スクール・ニューディール」構想内において、学校ICT環境整備が予算化されたことに基づき、「葛飾区学校教育総合システム」の構築を計画。NTT東日本のプロポーザル提案の内容、校務の効率化に向けたICT環境の整備構築実績や区とのこれまでの取り組み、運用保守体制などを高く評価し、構築・運用を委託することを決定したのです。

なお、NTT東日本は、2010年度から実施されている総務省の「フューチャースクール推進事業」において、実証校に選出された葛飾区立本田小学校での無線LANアクセスポイントの設置などの通信基盤の整備をはじめ、児童1人1台のタブレットPCや各教室への電子黒板の導入、ICT指導員の育成、ヘルプデスクによる運用サポートなどを担当。先進のICTの活用や、葛飾区学校教育総合システムとの連携によりどのような教育効果が得られるのかを検証する区や学校に対して、ハード・ソフト両面から事業の支援を実施しております。

校務の効率化と高いセキュリティーを同時に実現

利用風景(通知表の作成画面)

利用風景(通知表の作成画面)

NTT東日本がシステム構築・運用を手がけ、区内の小・中学校等74校に導入した「葛飾区学校教育総合システム」は、2011年4月から稼働を開始しました。教職員は、職員室に配備したシンクライアント端末から、データセンター内のサーバーにアクセスし、業務を行います。なお、端末を利用する際は、USBキーとパスワードを組み合わせた二重のセキュリティー対策が施されているほか、校務システムへのアクセスは職員室からに限定するなどのアクセス制限を設け、高いセキュリティーを確保しています。

また、都内の数多くの小・中学校で導入実績のある校務支援システムを導入して、成績管理・所見管理・出欠管理などの校務の効率化が進むとともに、個人情報などの重要データの一元管理が可能となりました。さらに、教職員ポータル/グループウェアを用いて、スケジュール管理や情報共有、教材作成の連携も図られています。実際にシステムを利用している教員からは、例えば通知表作成に関して、過去の日誌などを手軽に参照して、子ども一人一人のきめ細かな評価が行えるようになり、大幅な効率化が実現したとの評価が得られています。

葛飾区では、今回導入した「葛飾区学校教育総合システム」による校務や教材作成の効率化を通じて、教員と子どもの向き合う時間を増やし、さらには子どもたちの学力向上につなげていきたいと考えています。NTT東日本では、教育のICT化に積極的に取り組む葛飾区の試みを、今後もさまざまな角度から支援していきます。

システムの全体構成

システムの全体構成
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2011年8月時点のものです。

関連導入事例
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
宮城県名取市様
プレハブ応急仮設住宅団地の高齢者に光環境とタブレット端末(光iフレーム2)を提供
毎日の健康確認やトータルな見守りを実現
福島県葛尾村様
クラウドへのシステム移行とリモートデスクトップで
どこからでもすぐ使える役場システム環境を整備
福島県楢葉町様
全世帯にタブレット端末を配布して情報を配信
町の新生を目指す“きずな”を確かなものに
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る

関連導入事例
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
札幌学院大学様
学生たちの学習機会創出を狙いとして、1台のパソコンに複数のOS環境を導入。
高速ネットワークや先駆的な学習環境など、今後を見越した構築も。
東京都教育庁様
【東京都公立小中学校ICT教育環境整備支援事業
(出前ICT環境整備支援事業・ICTアドバイザリー事業)】
NTT東日本の豊富な実績とノウハウを生かして、 東京都内自治体の公立小中学校ICT教育環境整備促進に貢献
公立大学法人 公立はこだて未来大学様
インフラを中心に教育システム、事務システム、図書館システムをリプレース
事業継続や省電力に加え、使い勝手も大幅に向上
学生たちの教育機会を創出するため、先進技術の導入を積極的に実施
岩手県大槌町様
「Bizひかりクラウド おまかせ校務」を用いて小中一貫教育の実現に向けて、校務の負担軽減を図り、子どもの大切な情報を安全に守る環境を整備
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
「教育」の導入事例をすべて見る