法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 石狩市浜益小学校様


石狩市浜益小学校様

互いに学び合い、深め合う新たな教育環境を
NTT東日本の教育ICTソリューションで実現

石狩市浜益小学校様

導入の背景

都市部と比較しても遜色ない学習環境を整備し、デジタル教材の活用などにより児童の参加意欲や好奇心を喚起するとともに、教員が児童と接する時間を増やしてコミュニケーションを深め、学力の向上と郷土愛の育成に役立てたいと考えた。

選定のポイント

  • 教育システムの構築と安定運用を手がけてきた信頼と実績
  • フューチャースクール推進事業を通じて培ったノウハウ
  • 地域に根ざし、迅速な対応が期待できる運用保守体制

期待される効果

  • コミュニケーション能力の涵養(かんよう)と教育の質の向上
  • デジタル教材活用による教員が児童と接する時間の増加
  • 都市部と同等の教育環境の整備

石狩市独自の事業として、浜益小のICT環境整備を決定

北海道石狩市は、寒冷な外気と雪氷などの自然エネルギーを活用した「グリーンエナジーデータセンター」の誘致に努めるなど、ICTを将来の基幹産業とするべく、さまざまな取り組みを実践しています。教育についても同様で、新しい時代のあり方としてICT教育を重視しており、市内の小中学校には電子黒板(IWB:インタラクティブホワイトボード)を配備。さらに、2010年度から実施されている総務省のフューチャースクール推進事業に応募し、東日本エリアにおける事業対象校5校のうちの1校に選ばれた市立紅南小学校では、児童1人に1台のタブレットPCを配備するという先進的な教育環境を整備、ICT機器を利活用した協働教育の実践や学習指導の改善などに取り組んでいます。

2010年、IRU方式により、都市部から離れた市の北部一帯に光ブロードバンド環境を整備したこともあり、石狩市と市教育委員会では、僻地・小規模校におけるICT教育のあり方を検証するという目的のもと、市の北部にある浜益小学校のICT環境の整備を行うこととなりました。そして浜益小学校へのICT環境の構築・導入にあたって、市が選定したのが、NTT東日本の学校ICT環境整備ソリューションでした。

NTT東日本は、2009年度に石狩市の小中学校21校に対して実施された「石狩市学校情報化システム構築・運用業務委託」において、パソコンやLAN環境の構築・運用を手がけるなど、市・市教委の推進する教育のICT化に向けた取り組みを積極的に支援してきました。 「NTT東日本は、紅南小学校をはじめ、東日本エリア全5校のフューチャースクール推進事業における機器導入や情報ネットワークの構築を手がけており、教育の情報化に関する豊富な実績やノウハウがあります。また、IRU方式による光ブロードバンド環境の整備(*1)も含めて、長年にわたって地域の通信インフラを支えてきたことから、お客さまの条件に合わせた最適な通信ネットワークの選定・構築や運用保守をご提供できるのも大きな強み。そうした点をご評価いただき、浜益小学校へのICT教育環境整備に取り組むこととなりました」

  • *1:IRU方式とは、他者が保有する光ファイバー等についてIRU(Indefeasible Right of User:関係当事者の合意がなければ、破棄または終了ができない回線使用権)の設定を受け、伝送路設備として借りる方式をいいます。

市教委や現場の教員の意見を取り入れつつ、システムを選定

石狩市とNTT東日本は協議を重ね、各教室における「ICTを利活用した協働教育」の実現を目指すこととなりました。そして、僻地・小規模校におけるICT機器の利活用のあり方や教育効果を検証したいという市の要望に応え、市・市教委や、システムを実際に活用する浜益小学校の現場の教員を交えて具体的な内容を検討、柔軟なシステム構成が可能なNTT東日本の「学校ICT環境整備ソリューション」のもとで、導入するICT機器や情報ネットワーク環境、デジタル教材の選定を行いました。

学校課題解決のためのICT機器活用

学校課題解決のためのICT機器活用

機器選定を含めた補正予算が市議会で議決された後、浜益小学校にICT教育環境を整備することが正式に決定しました。1年生から6年生までの各教室に電子黒板や書画カメラ、無線LANアクセスポイントを配備した上で、タブレットPCについては各授業でクラス全員が利用できるよう13台を用意、充電ができる可動式の保管庫を用意して、授業ごとにスムーズに共用できるようにしました。さらに、教室以外の“調べ学習”の授業にもタブレットPCを活用できるよう、図書室などの校内の数カ所や、職員室にも無線LANのアクセスポイントを配備することとなりました。

浜益小学校のシステム選定に関して、NTT東日本の担当者は次のように語ります。「フューチャースクール推進事業を通じて得られたノウハウや、数多くの導入実績があったからこそ、石狩市や浜益小学校のニーズに合致し、さらに将来のクラウド使用なども視野に入れ拡張性も確保した最適なICT機器やデジタル教材をスムーズに選定することができました。タブレットPCに充電できる保管庫についても、電源容量をオーバーしないよう、巡回充電方式を採用するなど、学校の電源事情に柔軟に対応することを心がけました」

NTT東日本 北海道支店 法人営業部 山口尚基
NTT東日本 北海道支店 法人営業部 山口尚基

NTT東日本 北海道支店 法人営業部 山口則康
NTT東日本 北海道支店 法人営業部 山口則康

学習意欲を高める「学校ICT環境整備ソリューション」

浜益小学校に導入されたNTT東日本の「学校ICT環境整備ソリューション」は、タブレットPCや協働学習アプリケーションなどの先進のICTを活用して、コミュニケーションを活性化し、生き生きした教育の実践をサポートする教育システムです。電子黒板やタブレットPC、無線LANなど、教員が授業の中で使いやすいICT環境をトータルでご提案。PC操作支援など、導入後の運用サポートメニューも用意しています。タッチパネル式で操作が簡易なタブレットPCや、電子黒板・無線LAN環境により、スキルや場所の制約を受けない授業が実現し、双方向の授業が可能な協働教育アプリケーション、タブレットPC上で操作可能なデジタル教材により、新たなコミュニケーションに基づく授業を実現します。

さらに、NTT東日本の高い信頼性を誇る通信ネットワークやデータセンターが活用できるのも、メリットの1つ。大切なデータをセキュアに守りつつ、より効果的なICT教育環境を実現する、クラウド利用をも視野に入れたデータセンターへのアウトソーシングなど、先進的なサービスを手軽に低コストで導入できる、プラットフォームサービスも用意しています。

浜益小学校へのICT環境の整備は、2011年2月から3月にかけての週末などを利用して、短期間で機器とネットワークを同時に導入することとなりました。

「無線LAN環境の整備については、フューチャースクール推進事業などのネットワーク構築で得たノウハウを最大限に活用しました。冬期の構築作業ということで、風雪が強い中での現地への移動などに苦労を要する場面もありましたが、学校の立地条件や校舎の形状、各教室の電波状況に応じた施工を実施。できるだけ早く利用したいという教員の要望に応えられるよう、工事のスケジュール調整などグループ会社とも緊密に連携することで、ストレスなくつながるワイヤレス環境を、短期間で構築することができました」

学年に応じたICTの活用で、学び合い高め合う協働教育が実現

デジタル教材を効果的に利用できるタブレットPC

デジタル教材を効果的に利用できる
タブレットPC

ICT教育環境を利用した浜益小学校での授業は、2011年の3月から開始されました。卒業間近の6年生が早速利用して、学校生活の思い出を書き込んだ卒業制作に本システムを活用したといいます。電子黒板と書画カメラを利用してみんなの前で発表、自分の意見を分かりやすく正しく伝える能力を高める授業や、タブレットPCを活用したホームページ制作など、1年生から6年生まで、学年ごとのICT活用能力に応じて、授業を実践しています。児童が互いに学び合い、教え合い、高め合う協働教育が実現しています。

児童にとっては、ICT機器の活用で授業に対する関心が高まり、学力向上やコミュニケーション能力の習得といった効果が得られるとともに、システムを活用する教員にとっても、電子黒板やデジタル教材を活用することで、これまで教員自ら画用紙などで作成していたパネルが不要となるなど、授業に向けた準備が効率化され、児童と向き合う時間が増えるなどの導入成果が挙がっているといいます。

そうした浜益小学校のICT教育において、NTT東日本は、さまざまな角度から支援をしてきました。ICT機器の導入に先立って、機器の使用法についての説明会を行った他、ICTを活用した授業の開始後、学校にICT支援員を派遣して、機器の使い方に関する相談にのったり、迅速な運用保守が行えるような体制を確保しています。

タブレットPCへの充電を効率的に行える可動式保管庫

タブレットPCへの充電を
効率的に行える可動式保管庫

浜益小学校では今後、導入したICT機器をフルに活用して、児童の学力向上やコミュニケーション能力の育成、生まれ育った地元に対する郷土愛の涵養などに役立てていきたいと考えています。また石狩市では、他校への同様なICT環境の整備などを目指すとともに、児童の成績などの大切な個人情報をよりセキュアに守る仕組みや、他校との交流や家庭との情報共有といった、学校の枠を越えた協働教育の進展を目指していきたい考えです。

NTT東日本は、引き続き、石狩市のICT教育への取り組みを全面的に支援するとともに、教員が授業の中で使いやすいICT機器をトータルでご提案し、機器の故障対応はもちろん、ソフトウェアの活用サポートまで、幅広く気軽にご相談いただける環境をご用意。これからも、教育現場での声を大切にしながら、子どもたちにとって分かりやすく魅力的で、学ぶ喜びを感じられるような教育ICTソリューションを提供していきます。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2011年6月時点のものです。

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築
学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
既存パソコンのシンクライアント化で、コストを低減
NTT東日本が運用を支援し、職員の負担を軽減
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る

関連導入事例
帝京科学大学様
【基幹サーバーをデータセンターに移行してBCP対策を強化】
基幹サーバーの仮想化による一元管理を実現、
キャンパス間ネットワークの高速化や学生サービスを向上
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築
学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
既存パソコンのシンクライアント化で、コストを低減
NTT東日本が運用を支援し、職員の負担を軽減
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート
芝浦工業大学様
視聴履歴やログ収集に着目して講義収録・配信システムを更改 学内システムとの連携強化で学修成果の可視化が可能に
健康科学大学様
SINET接続を含めた大学ICT環境をトータルコーディネート!
さらにNTT東日本データセンターにシステムアウトソーシングし、BCP対策およびTCO(運用稼働費含めたトータルコスト)の削減を実現!
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
「教育」の導入事例をすべて見る