法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 第一建設工業株式会社様


第一建設工業株式会社様

広域にわたる拠点間音声通話料のコスト削減と経理処理効率化を実現「ひかり電話オフィスA(エース)」(電話サービス)

第一建設工業株式会社様

導入の背景

広域にわたる多拠点間の通話に関して、多数の電話回線によるシステム構成を見直し、通信コストの削減や信頼性の向上、経理処理の効率化を図りたいと考えた。

選定のポイント

  • 広域かつ多拠点の拠点間音声通話料が無料になるコストメリット
  • 基本料金で充実した付加機能が利用できるサービス内容

期待される効果

  • 「ひかり電話オフィスA(エース)」で拠点間音声通話料が無料に
  • 回線集約により、通話料とともに基本料金も大幅削減
  • 電話料金の一括請求データ活用による経理処理の効率化

選定ソリューション

長年にわたり利用してきた電話システムの見直しを

新潟市に本拠を構える第一建設工業様は、1942年の創業から現在までの60余年、総合建設業として、鉄道線路工事を中核に各種土木工事やビル・マンション建築などを幅広く手がけてきました。東北・信越・関東の広域に40カ所の拠点を持ち、2014年度開通予定の北陸新幹線工事でも5カ所の施工を担当するなど、そのビジネスは広範囲かつ多岐にわたります。そのため、本社と支店、取引先との電話のやりとりも頻繁であり、電話は毎日の業務に欠かせないコミュニケーションツールとして極めて重要な機能を果たしています。

同社では、200近い回線を有する既存の電話システムを、これまで約20年にわたって使用してきましたが、最近になって、電話が着信しないという深刻なトラブルに見舞われる事態が発生していました。

そこで、回線や端末の抜本的な見直しも視野に入れ、総務・情報システム・経営企画室合同の社内プロジェクトを立ち上げて徹底調査を実施。その結果、機器の老朽化以外にも、既存回線のランニングコストを含む高コストなシステム構成や、災害や故障に対するサポート体制の不備といった、さまざまな問題点が見つかったといいます。

そうした問題点の解消のため、第一建設工業様では、既存の電話システムの更改に向けて4事業者に提案を依頼。検討の上で選ばれたのが、NTT東日本の「ひかり電話オフィスA(エース)」でした。

拠点間の音声通話料が無料になる「ひかり電話オフィスA(エース)」

「ひかり電話オフィスA(エース)」は、「フレッツ 光ネクスト」(インターネット接続サービス)に対応した法人向け光IP電話サービスです。インターネットなどの情報システムと通話が同じ回線で併用できるのはもちろんのこと、NGNならではのクリアな高音質通話が可能であり、1契約で最大100チャネル(加入電話100回線分)、300番号まで使用できます。サービスの最大の特長は、NTT東日本エリアの同一契約者グループであれば、事業所間の音声通話料が無料となること。また、本サービスと同一名義の契約者であれば、「グループ通話定額」契約の「ひかり電話オフィスタイプ」、「ひかり電話」(いずれも電話サービス)とグループを組んで通話料を無料にできるほか、「ボイスワープ」「ナンバー・ディスプレイ」「迷惑電話おことわりサービス」などの付加サービスについても基本料金に含まれています。

このように「ひかり電話オフィスA(エース)」は、高いコストメリットと利便性を有しており、広域拠点間の高額な通話料を削減したい、回線集約によって基本料金を削減したいといったニーズに最適な光IP電話サービスといえます。

  • 「ひかり電話オフィスA(エース)」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」の契約が必要です。なお、「Bフレッツ」、「フレッツ 光ライト」ではご利用いただけません。
  • 「ひかり電話オフィスA(エース)」のご利用には、月額利用料が必要です。
  • ナンバー・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。
  • ご利用いただくアクセス回線により、ご利用可能となる最大チャネル数が異なります。各アクセス回線毎の最大チャンネル数は以下の通りです。
    「フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ、マンションタイプ」:8チャネル, 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ、ファミリータイプ」:32チャネル, 「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」:100チャネル
  • ご利用には、事前にグループ登録のお申し込みが必要です。なお、グループに「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話(基本プランのみ)」を含める場合は、別途、グループ通話定額(有料)の契約が必要です。詳しくは弊社営業担当者までお問い合わせください。

目標を上回る約50%の通信コスト削減

第一建設工業様では、情報システムの通信インフラとして「フレッツ光」(インターネット接続サービス)をすでに導入していたこともあり、既存回線の有効活用を可能とするNTT東日本の提案は、「ひかり電話オフィスA(エース)」導入の大きな決め手になったといいます。さらに、ランニングコストの大部分を占める拠点間音声通話料の無料化とともに、200近い既存回線を約半分に集約することで基本料など固定費の大幅削減も図れるなど、広域にわたる多拠点との通話の多い同社の通信環境にとって、まさにうってつけの提案内容でした。

同社はこれまで、他社の通信回線と電話機を利用していましたが、今回の更改を機に、「フレッツ 光ネクスト」(インターネット接続サービス)に集約するとともに、ビジネスホンを導入することとなりました。端末の交換や回線の切替工事を広範囲にわたる拠点で行うこととなりましたが、更改作業はスムーズに進み、約2カ月の構築期間を経て電話システムの更改が完了しました。

当初、全事業所の月額通信費(対前年平均額)の30%削減という目標を掲げてシステム更改に取り組みましたが、実際に運用が始まってみると「ひかり電話オフィスA(エース)」導入の翌月には、それを上回る約50%のコスト削減を実現。「ひかり電話オフィスA(エース)」のコストメリットは絶大な上、通話品質も一般加入電話並みだと社内からも高評価を得ています。さらに各拠点のPBX(構内交換機)・ビジネスホンをNTT東日本製品に統一したことで、安心・安全のサポート体制を確立し、信頼性の向上が図れました。

経理業務の効率化によってコスト削減にも貢献

今回の「ひかり電話オフィスA(エース)」導入は、最大の目的である通信コストの削減に大きな成果を挙げただけでなく、さらに事務処理コストの削減にも貢献しています。具体的には、今回の導入により電話料金の本社一括請求が可能となったため、その請求データを会計システムと直結させることによって、経理処理の手間を大幅に軽減することができました。また、ビジネスホンの短縮ボタンなどの使用方法を全社統一し、出張の多い社員が出先でも仕事がしやすい環境を整備するなど、さまざまな施策を展開。そうしためざましい成果が認められて、年に1度開催される同社内の「業務研究発表会」で管理部門として初の最優秀賞を受賞するなど、「ひかり電話オフィスA(エース)」が業務効率化にも寄与することを裏付ける結果となりました。

第一建設工業様では、今後は1年以上の長期間にわたる建設プロジェクトの事務所などを対象に「フレッツ 光ネクスト」を敷設し、「ひかり電話オフィスA(エース)」の導入を積極的に進めていきたい考えです。NTT東日本では、今後も引き続き通信コストの削減や業務の効率化に貢献することで、第一建設工業様のビジネスを積極的にサポートしていきます。

ネットワーク構成

  • 「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ライト」、「フレッツ 光ネクスト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2010年9月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る