法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 株式会社エステイ情報システム様


株式会社エステイ情報システム様

ひかり電話オフィスA(エース)」(電話サービス)+「フレッツ・VPN ワイド」で道内全域にわたる拠点間の通信コストを大幅削減

株式会社エステイ情報システム様

導入の背景

道内全域にわたる約150拠点の通信コストの削減と、新規出店や移転に伴う回線開通の迅速化・効率化を実現したい。

選定のポイント

  • コスト削減につながる回線の集約
  • スピーディな回線開通
  • 遠隔地での工事・保守も任せられる安心感

期待される効果

  • 拠点間通話の無料化を含む通信コスト削減
  • 音声・データ回線の一本化による回線開通工事の短期化

通信費削減と回線開通の迅速化が課題に

1946年の創業以来、北海道内に7社の自動車販売店をはじめ15のグループ企業を展開する札幌トヨタグループ。その総拠点数は約150にもなります。それら拠点間の情報通信ネットワークをトータルで支えているのが、株式会社エステイ情報システム様です。自動車販売店は、移転や新規オープンが頻繁にあり、拠点間のやり取りもかなり多いことから、株式会社エステイ情報システム様では2つの課題を抱えていました。

第一に、広域・多拠点のために膨らんだ事業所間の通信コストの削減。グループとしての強みを生かす上で、綿密な連携は必要不可欠ですが、そのために通信コストがかさんでしまうことが課題となっていました。第二に、回線開通時のタイムロスです。販売力の強化に向けた拠点の最適配置にはスピードが求められます。しかし札幌トヨタグループでは従来、音声回線はNTT東日本、データ回線は他社を利用しており、移転や新規オープンなどの際には回線移転や開通のための手続きが煩雑となり、結果的に回線開通に要する時間がかかりがちであるという状況に悩まされていました。

大幅な通信コスト削減とともに、音声通話の一元管理が実現

第一の課題である通信コスト削減のために採用されたのが、拠点間の音声通話料金を無料にできる「ひかり電話オフィスA(エース)」。エステイ情報システム様の社内におけるコスト比較試算によると、回線料を含めて全体の30%以上を占めていた事業所間の通信に「ひかり電話オフィスA(エース)」を導入したことで、結果的に通信費全体が導入前の約半額になるという、大幅なコスト削減が実現できたといいます。こうした明確なメリットのため、各拠点も新規導入に協力的で、スムーズな導入につながったといいます。また、これまでは各拠点の回線がバラバラで把握しにくいという問題もありましたが、「ひかり電話オフィスA(エース)」の導入により、一元管理が可能となり、拠点ごとの通話料が明確になったことも成果のひとつです。

  • 「ひかり電話オフィスA(エース)」について
    • 「ひかり電話オフィスA(エース)」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」の契約が必要です。なお、「Bフレッツ」、「フレッツ 光ライト」ではご利用いただけません。
    • ご利用には、事前にグループ登録のお申し込みが必要です。
    • 「ひかり電話オフィスA(エース)」を同一契約者名義でご利用いただいている事業所間の音声通話料(NTT東日本の営業エリア内)が無料となります。
    • 「ひかり電話オフィスA(エース)」について詳しくはこちら http://www.ntt-east.co.jp/hikari_ofa/

「フレッツ・VPN ワイド」で音声・データの統合も実現

第二の課題であるスピーディな回線開通を実現したのは、「フレッツ 光ネクスト」(インターネット接続サービス)をアクセス回線に音声とデータ回線を統合したことです。今回、株式会社エステイ情報システム様が基幹ネットワーク更改を機にデータ回線として採用したのが、高いセキュリティーと低廉なコストを両立した「フレッツ・VPN ワイド」。「ひかり電話オフィスA(エース)」と回線を統合することで、販売店の新設や移転に伴う迅速・機動的な開通が可能になったのはもちろんのこと、コスト削減や保守の効率化にもつながりました。

なお、データ回線の導入に当たっては、既存の専用線より通信品質を落とさないことが条件でした。そのため、大量のデータをやり取りする札幌トヨタ本社とボディリペアセンター間に試験回線を引き、実値測定を行いました。その上でさまざまな試行錯誤を繰り返しながら、課題をクリアすることができたのです。全道にわたる約150もの拠点間のネットワーク更改はかなりの大工事となりました。しかし、拠点の工事立ち会いなどに関して株式会社エステイ情報システム様とNTT東日本の間でスムーズな協力体制を確立できたため、約3カ月という短期間での開通が実現しました。

これからもNTT東日本は、業種や企業規模に応じたICTソリューションにより、企業様の抱える課題の解決に貢献し、ビジネスの最適化をサポートしていきたいと考えています。

  • 「フレッツ・VPN ワイド」について
    • 本サービスはベストエフォート型サービスのため、通信速度や通信品質、常時接続性を保証するものではありません。
    • VPN管理者は「フレッツ 光ネクスト(ビジネスタイプを除く)」のご契約が必要です。
    • VPN参加者は「フレッツ 光ネクスト(ビジネスタイプを除く)」、「Bフレッツ」、「フレッツ・ADSL」、「フレッツ・ISDN」(いずれもインターネット接続サービス)のみご利用が可能です。
    • 設備などのメンテナンスや変更工事のため、サービスおよびサービス申込受付ページを一時中断する場合があります。
    • フレッツ・アクセスサービスに故障が発生した場合、本サービスの復旧までに時間差が生じる場合があります。
    • 一部利用できないIPアドレスがあります。
    • VPN管理者が「VPN廃止」を行った場合、当該VPNの契約者(VPN管理者、VPN参加者)全員の廃止となります。VPNを存続したい場合はVPN管理者変更によりVPN参加者となった上で「VPN参加者の廃止」を行ってください。
    • VPNの利用に伴うお客さま間のトラブルについて、弊社では一切関与しませんのであらかじめご了承ください。
    • その他注意事項については、NTT東日本フレッツ公式ホームページにてご確認ください。
      http://flets.com/vpnwide/新規ウィンドウで開く

ネットワーク構成図

お客さまの声

「ひかり電話オフィスA(エース)」と「フレッツ・VPN ワイド」で、コストの大幅削減と回線開通の迅速化が実現しました。

株式会社エステイ情報システム 代表取締役社長 奥野 勝政 氏

株式会社エステイ情報システム
代表取締役社長
奥野 勝政 氏
当社の抱える通信コストの削減、音声・データの回線集約という課題に対して、NTT東日本は豊富なICTソリューションの中から最適なサービスを提案してくれました。札幌トヨタグループは約150もの拠点を有しており、中には稚内や函館など遠隔地もあります。そうした拠点での工事や保守も安心して任せられるということも、NTT東日本を選択した大きな理由のひとつです。今回は非常に短い時間で回線を開通するというハードルの高いお願いをしましたが、NTT東日本の担当者の努力のかいあって、無事に課題が解決できたことに満足しています。札幌圏外の拠点からは「本社との通信コストが削減できて助かっている」という感謝の声も多く寄せられています。あらゆるICTソリューションを一括してお任せできることがNTT東日本のメリット。今後も総合的な提案力と実行力に大いに期待しています。
株式会社エステイ情報システムの概要
株式会社エステイ情報システム

北海道内に7つの自動車販売会社を含む15のグループ企業を展開している札幌トヨタグループの中で、情報通信ネットワークを全面的に支える役割を担っている。サポートする道内の拠点は北海道全域にわたり、その数はおよそ約150にも上る。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2010年8月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る