法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 日東エネルギー株式会社様


日東エネルギー株式会社様

フレッツ・VPN ワイド」のオプションサービス「センタ回線接続サービス」で信頼性向上とコスト削減を一挙に達成。

日東エネルギー株式会社様

導入の背景

通信事業者が混在している情報ネットワーク環境を統一、信頼性の向上、通信コストの削減、故障時対応の迅速化を併せて実現したいと考えた。

選定のポイント

  • 先進の情報ネットワークサービスに対する高い信頼性
  • 障害発生時にバックアップとして切り替え可能な柔軟性
  • 故障時の迅速な対応・復旧が期待できる回線の一元化

期待される効果

  • ライフラインを支える情報ネットワークの信頼性確保
  • 通信環境の信頼性を維持しつつ運用保守コストを削減
  • 事業継続に向けた通信環境の冗長化

選定ソリューション

エネルギー安定供給のために情報ネットワークを活用

家庭用・業務用LPガスの販売を中心に、車両用ガス・灯油・ガス器具類などの販売や、浴室・台所・洗面所の設計施工、リフォームと、幅広いビジネスを展開している日東エネルギー株式会社様は、東京都足立区に本社を置き、関東1都5県に6支店・11営業所を有しています。さらに関連会社9社によるグループ体制を構築、7カ所のLPガス充填所と2カ所のLPガス容器検査所を設け、6カ所の事業所には大型石油タンクを設置して、地域18万顧客への家庭用エネルギーの安定供給、ひいては安心で快適な暮らしに貢献してきました。

ライフラインを預かるという社会的責任を果たすためには、安全性の維持・向上に努め、事業の継続、エネルギーの安定供給を図ることが、ビジネスの根幹となります。そこで同社では、配送システムやバーコード充填システム、24時間集中監視システムなど、ITを積極的に活用することで、その社会的責任を果たしつつ、業務の効率化やコスト削減に役立ててきました。

そんな中、基幹系・情報系ネットワークの通信品質向上と信頼性の確保は必須であり、一方で、広域・多拠点ビジネスゆえにかさむ通信コストについても削減したいという要望は強く、経営課題のひとつになっていました。

トラブル対応に時間がかかるネットワーク構成を見直す

日東エネルギー様では、本社と支店・営業所など26拠点を結ぶ情報ネットワークを構築し、LPガスの配送業務や顧客情報管理に用いる基幹系、本社-支店間の情報共有を行う情報系の二系統で、社内のあらゆる業務に対応してきました。

ビジネスに関する情報は、本社センタのサーバーで一元管理しており、センタに集約した情報を本社や各営業所、工場や配送センタで共有していました。

さらに、同社では基幹系・情報系それぞれに別個の通信回線を用いており、どちらかの回線にトラブルが発生した場合には、別の回線に切り替えて利用できる冗長構成をとることで、信頼性を確保してきました。

しかし、基幹系の通信回線においては複数通信事業者が混在し、一方、社内に設置したルーターや通信ケーブルの状態監視といった情報ネットワークの運用保守については、お客さまご担当者自ら手がけておられたことから、トラブルが発生した際には、故障原因の解明や復旧に際して、切り分け・確認に時間を要し、回復するまでに数日を要することもあったといいます。

ガス漏れなどの通報に昼夜を問わず迅速に対応する、24時間365日の常時保安体制が求められる中で、情報ネットワークの復旧に時間を要する状況は、一刻も早い改善が求められるものでした。そこで、通信環境の統一と同時に信頼性の向上、さらには通信コストの削減につながる新しいネットワークのご提案をNTT東日本が行うこととなったのです。

「センタ回線接続サービス」で高信頼な通信環境を整備

本社センタと各拠点で低コストかつセキュアにやりとりする手段としては、コストパフォーマンスに優れた「フレッツ・VPN ワイド新規ウィンドウで開く」を用いた情報ネットワークを構築。本社センタなど通信負荷のかかる重要拠点には、広帯域で信頼性の高い「ビジネスイーサ ワイド」を導入するとともに、「フレッツ・VPNワイド」のオプションサービス「センタ回線接続サービス新規ウィンドウで開く」を用いることで、「フレッツ・VPN ワイド」と「ビジネスイーサ ワイド」をつなぐセンタ-エンド型ネットワークとしました。

「センタ回線接続サービス」とは、コストメリットの大きい「フレッツ・VPN ワイド」と、帯域保証型の「ビジネスイーサ ワイド」を組み合わせて利用できるサービス。重要データを扱う本社やデータセンタなどには、帯域保証・高信頼の「ビジネスイーサ ワイド」を、広域にわたる店舗や営業拠点などには、安価で柔軟性に富む「フレッツ・VPNワイド」を利用することで、通信品質とコストパフォーマンスを両立した、メリハリのあるネットワークを構築することができます。

さらに日東エネルギー様では、「フレッツ・VPN ワイド」に「ビジネスイーサ ワイド」を組み合わせた高信頼の通信環境に加え、基幹系と情報系でそれぞれ通信グループを分けて2つの独立したVPN構成とし、万一の場合には切り替えることでバックアップ回線として通信を確保できる環境を整備しました。こうして信頼性向上とコスト削減を一挙に達成したのです。

  • フレッツ・VPN ワイドについて
    • 本サービスはベストエフォート型サービスのため、通信速度や通信品質、常時接続性を保証するものではありません。
    • 設備などのメンテナンスや変更工事のため、サービスおよびサービス申込受付ページを一時中断する場合があります。
    • フレッツ・アクセスサービスに故障が発生した場合、本サービスの復旧までに時間差が生じる場合があります。
    • 一部利用できないIPアドレスがあります。
    • VPN管理者が「VPN廃止」を行った場合、当該VPNの契約者(VPN管理者、VPN参加者)全員の廃止となります。VPNを存続したい場合はVPN管理者変更によりVPN参加者となった上で「VPN参加者の廃止」を行ってください。
    • VPNの利用に伴うお客さま間のトラブルについて、弊社では一切関与しませんのであらかじめご了承ください。
    • VPN管理者はフレッツ 光ネクスト(ビジネスタイプを除く)のご契約が必要です。
    • VPN参加者はフレッツ 光ネクスト(ビジネスタイプを除く)、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN(いずれもインターネット接続サービス)のみご利用が可能です。
    • フレッツ・VPN ワイドについて詳しくはこちら http://flets.com/vpnwide/新規ウィンドウで開く
  • センタ回線接続サービス ビジネスイーサ ワイド 接続タイプのご利用には、ビジネスイーサ ワイドの契約が必要です。
    センタ回線接続サービスについて詳しくはこちら http://flets.com/vpnwide/op_center.html新規ウィンドウで開く
  • ビジネスイーサ ワイドについて詳しくはこちら http://www.ntt-east.co.jp/business/service/wide/

ネットワーク一元化により、故障時の対応が迅速化

今回、「センタ回線接続サービス」を用いてセンタ-エンド型の情報ネットワークを構築したことで、本社センタに集約される情報やデータに関して、各拠点での迅速かつ確実な共有が図れるようになり、業務の効率化が実現しました。

日東エネルギー様では、ガス漏れ通報などに対応する24時間365日の常時電話受付保守体制を備えていますが、情報ネットワークの高速化と信頼性向上によって、ガス漏れなどの通報や万一のトラブル発生にも迅速に対応できる仕組みを実現。NTT東日本に保守を一元化したことで、ネットワークの故障発生時にも迅速な対応が可能となりました。さらに、「24時間出張修理オプション新規ウィンドウで開く」を導入して、回線トラブルの際にも24時間365日、保守対応ができる環境を整備しました。

また、現状では本社センタに社内の情報やデータの集約を図っていますが、今後はサーバー設備をデータセンターにハウジングすることも検討するなど、情報システム環境のよりいっそうの信頼性向上を目指しています。なお、既存の電話回線についても「ひかり電話新規ウィンドウで開く」(電話サービス)の導入も含めて、さらなるコスト削減を図っていく予定です。

エネルギーを取り巻く環境が急速に変化し、消費者のライフスタイルの多様化も進む中、エネルギーの安定供給を通じて、毎日の暮らしを支え続ける日東エネルギー様。NTT東日本は、より低コストで信頼性の高い情報ネットワークをはじめ、ニーズに的確に応えるサービスのご提案を通じて、これからもお客さまのビジネスを積極的にサポートしていきたいと考えています。

ネットワーク構成図

  • 各拠点のアクセス回線は、フレッツ 光ネクスト、Bフレッツ、フレッツ・ADSLを利用
  • 「24時間出張修理オプション」は、万が一の回線トラブルにも24時間・365日保守対応する安心のサービスです。通常の保守対応時間(9:00~17:00)に比べ大幅に保守対応時間が拡大されることで、フレッツをより安心してご利用いただけます。
  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2010年6月時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る