法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 警視庁様


警視庁様

地域ぐるみによる未来を担う子どもの安心・安全を守る「子ども見守りカメラシステム

警視庁様

導入の背景

子どもを狙った犯罪が起こりにくい環境づくりを支援するため、より一層の防犯対策として、小中学校近くの通学路や公園等に防犯カメラシステムを設置することとした。

選定のポイント

  • 高信頼のネットワーク構築・運用を手がけてきた豊富な実績とノウハウ
  • お客さまの抱える課題を共有し、解決策を提案するコンサルティング力
  • プライバシーと簡単運用を実現する高性能防犯カメラシステム

期待される効果

  • 地域の防犯意識向上による子どもの安心・安全の確保
  • 常時見守り体制による、防犯ボランティア活動の補完の負担軽減
  • 地域安全マップ作成等の地域に応じた取り組みの支援

選定ソリューション

犯罪抑止に向けた、防犯カメラ設置に大きな期待

不審者の侵入防止など防犯対策を講じる上で大きな効果が期待できるのが、防犯カメラの設置です。リアルタイムに監視していなくても、カメラの存在を明らかにし、撮影した映像を録画しておくだけで、犯罪抑止に効果があるといわれています。万一、不幸にも犯罪が発生した場合には、犯人検挙の手助けともなります。防犯カメラは屋内外を問わず、さまざまな場所に設置され、犯罪抑止に一定の効果を上げています。

一方、住宅地域の防犯に非常に大きな役割を果たしているのが、住民により結成され、さまざまな活動を行う自主防犯組織、防犯ボランティアです。「自分たちの街は自分たちで守る」という信念のもと、地元警察とも連携、町内を定期的にパトロールしたり、登下校時の児童生徒にあいさつの声かけをしたりといった、地域の安心・安全を守るさまざまな活動を展開しています。

「子ども見守りカメラシステム」は、小中学校の近辺や通学路、公園などに防犯カメラを設置し、地域の自主防犯活動の推進と「犯罪に強い地域社会」の実現を目指すという目的で、導入が進められることになりました。地域の防犯ボランティアの活動を支援するために警察庁が取り組む「子どもを犯罪から守るための環境づくり支援モデル事業」の一環として、2010年度から14都府県15地域を対象に導入されました。

東京都からは、防犯ボランティアの活動が盛んなことで知られる東大和市・武蔵村山市が選出されました。警視庁主導のもと、両市を対象にネットワーク敷設やカメラ設置などのシステム構築を手がける事業者として、数社の競合の中から選ばれたのが、NTT東日本でした。

警視庁や自治体の要望を具体化してシステムに盛り込む

NTT東日本はこれまで、警視庁に向けて高信頼のネットワークを提供してきました。そうした実績やノウハウをもとに、今回の「見守りカメラシステム」導入に関しても、警視庁および地元の東大和署、自治体や防犯ボランティアの要望に応えるシステムを、迅速かつスムーズに導入することが求められました。

システム設計段階においては、警視庁が作成した仕様書に基づきつつ、実際にシステムを利用する自治体や防犯ボランティアなどの要望も取り入れた上で、機器の選定や設置方法を決め、システム構築に臨むこととなりました。

「仕様書はいわばシステムの基本方針を示したものであり、警視庁始め関係者と詳細を詰めていく必要があったため、例えば、カメラの画角調整について、住宅の窓をマスキングしたい、といったご要望に応えていくなど、限られた期間の中で、警視庁や自治体の意向の把握に努め、反映する必要がありました」(三浦)

今回の見守りカメラシステムは、地域の防犯ボランティアに運用が委ねられることから、導入後の運用面での負担を極力かけないことが必須でした。そこで、カメラ操作や映像の録画、プライバシー対策に手間がかからない仕組みにするとともに、セキュリティー対策として、映像記録装置に保存された録画映像を確認する際にパスワードを付与することを提案しました。

このように、仕様書には記載されていないニーズについても、1つひとつ精査し具体化して設計した上で、システム構築に向けて動き出しました。

NTT東日本 ビジネスユーザ&オフィス事業推進本部 公共営業部 ナショナルセキュリティビジネス担当 営業担当課長代理 加瀬雄大NTT東日本
ビジネスユーザ&オフィス事業推進本部
公共営業部 ナショナルセキュリティビジネス担当
営業担当課長代理
加瀬雄大

NTT東日本 ビジネスユーザ&オフィス事業推進本部 ソリューションエンジニアリング部 SE部門 第1SE担当 三浦雄一郎 NTT東日本
ビジネスユーザ&オフィス事業推進本部
ソリューションエンジニアリング部 SE部門
第1SE担当
三浦雄一郎

NTT東日本 ビジネス&オフィス事業推進本部 ビジネス営業部 ソリューションコンサルティング部門 第2SC担当 営業担当主任 堀 和恵NTT東日本  ビジネス&オフィス事業推進本部
ビジネス営業部 ソリューションコンサルティング部門
第2SC担当 営業担当主任
堀 和恵

NTT東日本の強みを生かし、カメラ設置の課題を克服

電柱に設置された見守りカメラ

電柱に設置された見守りカメラ

「子ども見守りカメラシステム」の構築に当たり、システムの要となるのは、カメラの設置場所です。これについては、小中学校の近辺や通学路脇の電柱に設置することとなりました。まずNTT東日本が対象エリア内に同軸ケーブルを敷設して電柱にカメラ装置を設置、通電工事を経て、実際に映像を映し出せる環境を整えました。その後、警視庁の担当者や防犯ボランティアを交えて、住民のプライバシーに配慮し住宅の出入口付近や窓などが表示されないよう、カメラの向きや角度について1カ所ずつ決めていきました。また、防犯効果が上がるよう、見守りカメラが設置されていることを知らせる看板を、目立つ場所に備え付けました。

また、録画した映像の保存については、ハードディスクにデータを保存する精密な映像記録装置を屋外設備に格納する必要があることから、電子クーラー付きのボックスに収納した上でコンクリート土台に備え付け、じゅうぶんな高さを持たせた頑丈なフェンスで囲みました。

「見守りカメラの設置に際しては、プライバシーを心配する住民からの反発が想定されるなど課題も多く、運用について警視庁や自治体の抱える悩みやさまざまな要望を引き出した上で解決策を提案、具体的な形にすることが求められました。さまざまな状況で高信頼のシステム構築を手がけてきたNTT東日本プロジェクト管理能力や実行力を生かすことができた案件といえるでしょう」(加瀬)

実際のシステム構築は、2010年2月上旬から約1カ月をかけて行われました。東大和地区・武蔵村山地区あわせて、50台の見守りカメラを電柱に設置、映像記録装置は小学校の敷地脇などに合計9台を導入しました。

子どもの安心・安全を見守るカメラシステムが実現

「子ども見守りカメラシステム」は、2010年3月末に運用を開始しました。小学校の近辺や通学路、公園や駅周辺などに設置されたカメラは24時間365日稼働しており、防犯パトロールが行われない時間帯でも、子どもたちの安心・安全を見守っています。記録した映像は同軸ケーブルを介して映像記録装置に常時録画され、万が一の犯罪や事故発生時に役立つよう高画質データで保存しています。

頑丈な金網で守られた映像記録装置

頑丈な金網で守られた映像記録装置

地域住民に向けたプライバシー対策については、カメラの向きを固定した上で、マスキング機能により、住宅の出入口付近や窓などが表示されないよう設定されており、撮影から一定期間経過した映像は自動的に削除される仕組みとなっています。なお、映像記録装置は頑丈なフェンスで囲まれていますが、装置の扉を無断で開けると警報ランプが点灯、サイレンが鳴るようになっています。さらに、録画映像を閲覧するルールとして、映像データが保存されたリムーバブル・ハードディスクを警察署に持ち込んだ上で再生するというセキュリティーの高い閲覧制限を設けており、運用面でもプライバシーやセキュリティーの確保に努めています。

導入したシステムは現在、地域の防犯ボランティアの協力のもと、安定稼働が実現しています。録画した映像を確認しなければならないような事態も発生していないということで、犯罪抑止に一定の効果が得られているようです。

「今回のような見守りカメラシステムは、他の自治体や教育機関など多方面への用途が想定できます。今回の取り組みを通じて得られた課題解決策などのノウハウを生かして、今後も多方面に導入を推進することで、安全・安心な社会づくりに貢献していきたいと考えています」(堀)

NTT東日本では、先進的な提案や高信頼のシステム構築を通じて、地域の安心・安全を守る防犯ボランティアや警視庁の取り組みを、これからも積極的にサポートしていきます。

1地区あたりのシステム構成図

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2010年4月1日時点のものです。

関連導入事例
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート


福島県 環境創造センター様
来訪者へのWi-Fiサービスと大規模会議でのスムーズなネットワーク利用環境を整備。
秋田市役所様
最新鋭のICT環境を備えた「災害対策本部室」を新庁舎に設置、
迅速な状況判断や被災者支援をめざす
茨城県五霞町様
PC教室のサーバーをクラウド移行し信頼性を向上
タブレットPCや電子黒板を活用し協働学習を実践
秋田県町村電算システム共同事業組合様
県内12町村の行政情報システムを共同化してクラウドへ移行
運用コストの軽減と住民サービスの向上を目指す
「公共・自治体」の導入事例をすべて見る

関連導入事例
帝京科学大学様
【基幹サーバーをデータセンターに移行してBCP対策を強化】
基幹サーバーの仮想化による一元管理を実現、キャンパス間ネットワークの高速化や学生サービスを向上
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート
芝浦工業大学様
視聴履歴やログ収集に着目して講義収録・配信システムを更改 学内システムとの連携強化で学修成果の可視化が可能に
健康科学大学様
SINET接続を含めた大学ICT環境をトータルコーディネート!
さらにNTT東日本データセンターにシステムアウトソーシングし、BCP対策およびTCO(運用稼働費含めたトータルコスト)の削減を実現!
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
「教育」の導入事例をすべて見る