法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 帝京平成大学様


帝京平成大学様

先進のIT設備を備えた「智の創造拠点」として快適なキャンパスライフをサポート

帝京平成大学様

教室の稼働率向上や施設・資産の共有を図り
使いやすく便利なITキャンパスの実現を目指す

  • 帝京平成大学 池袋キャンパス 施設グループ グループリーダー 立田幹彦 氏
  • 帝京平成大学 池袋キャンパス 施設グループ リーダー 日野憲一 氏
帝京平成大学 大学案内
帝京平成大学外観

帝京平成大学は「実学の精神を基とし、幅広い知識と専門分野における実践能力を身につけ、創造力豊かな逞しい人間愛にあふれた人材を養成する」という建学の精神に基づき、1987年に帝京技術科学大学として千葉県市原市に開学、1995年に現在の名称に変更した。2008年4月に池袋キャンパスを新設し、千葉・幕張とあわせて3つのキャンパスで教育活動を展開している。健康・医療・福祉・教育・情報を軸とした5学部15学科13コース、大学院と通信制を擁する総合大学であり、学生数は約8,000名、教員数は約400名である。社会に出て即戦力となる技能が身につく実践的な講義を多く設け、資格取得にも力を入れている。2008年に柔道整復・作業療法・理学療法の3学科で構成される「地域医療学部」を設置、2009年には観光産業の即戦力を養成する「レジャービジネス学科」を現代ライフ学部に新設するなど、多様化する現代社会のニーズに合わせ、さらなる発展を続けている。

池袋キャンパス新設にあたり、IT設備に求められる要件は何でしたか。

まず何といっても、学生サービスの向上を図ること、またシステム運用に対応する職員の数が限られていることから、手間のかからないシステムを導入することでした。さらに本学は、学部・学科により池袋と千葉のいずれかのキャンパスを選択できるダブルキャンパス制を導入していることから、両キャンパスにおいて同一の教育環境を提供するべく、ICカード学生証の統一や、両キャンパスのシステム連携を図る必要がありました。(立田・日野)

導入したシステムの中で、特にこだわった設備やシステムはありますか。

帝京平成大学 池袋キャンパス 施設グループ グループリーダー 立田幹彦 氏

帝京平成大学 池袋キャンパス
施設グループ
グループリーダー
立田幹彦 氏

例えばIT教卓の操作モニタに関して、操作の仕方がすぐにわかるような構成にしています。これはどのシステムにも言えることですが、教職員や学生にとって、わかりやすく使いやすいシステムにしてほしいということは、当初から要望していたことでした。また、都心部に開設したキャンパスということで、教室数も限られていることから、教室の稼働率を上げることも大きな目標でした。そこで、PC教室の各モニタを机に収納する仕組みにすることで、通常の授業でも使えるようになり、教室の変更にも臨機応変に対応、稼働率を上げることができました。空いている教室の一部を自習スペースとして開放するなど、教室の有効活用が図れたことに大変満足しています。(立田・日野)

NTT東日本を選択されたのは、どのような理由ですか。

ネットワークからシステム構築までトータルに実施できる総合力や豊富なノウハウ、数多くの実績に期待しました。キャンパスの開設準備に追われ、大学側が多忙を極める中で、要件定義からシステム構築にいたるまで、スケジュールを着々と進め、連絡を密に取り合い、情報共有の徹底に尽力したNTT東日本の取り組みには感謝しています。また、システム構築期間が限られていたにもかかわらず、4月のキャンパス開設に間に合うよう、ベンダやビル建設業者と連携を図りつつ、予定通りに構築を完了できたプロジェクト管理能力や実行力についてもかなり評価しています。(立田・日野)

今後のご予定についてお聞かせください。

帝京平成大学 池袋キャンパス 施設グループ リーダー 日野憲一 氏

帝京平成大学 池袋キャンパス
施設グループ リーダー
日野憲一 氏

CO2削減に向けた環境対策は、私たちにとっても重要な課題です。構内全体の空調に蓄熱式空調システムを採用して電力の有効活用を図るなど、省エネルギー対策に積極的に取り組んでいます。今後は、例えば、入退室管理システムやIT教卓と連動して、受講する学生の数に合わせて室温をコントロールしたり、講義の終了に合わせて自動的に空調をオフにしたりと、より快適な室内環境の実現と省エネルギー化の両立が図れるようなシステムの導入の検討を考えています。また、数年後には東京・中野に新キャンパスを開設する予定であり、今後、池袋キャンパスとの大学資源の共有化、さらには都内の帝京大学グループの大学とのシステム連携や施設共有も企画・検討していきたいと考えております。NTT東日本には、今回導入したシステムの安定運用やトラブル発生時の迅速な対応を求めるとともに、環境性・経済性に優れた先進のソリューションを提案していただくなど、帝京平成大学各キャンパスのさらなるIT化と学生サービス向上に向けて、さまざまな角度からの支援に期待しています。(立田・日野)

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて取材時点のものです。

関連導入事例
帝京科学大学様
【基幹サーバーをデータセンターに移行してBCP対策を強化】
基幹サーバーの仮想化による一元管理を実現、キャンパス間ネットワークの高速化や学生サービスを向上
埼玉県富士見市様
【安全性と利便性を両立した校務環境のシンクライアント化】
シンクライアントシステムをデータセンターに構築し、学校や自宅から安全・快適に利用できる環境を整備
青森県蓬田村様
【ICTの活用で子どもたちの意欲を引き出す環境を整備】
教育現場が求めるICT環境の具現化や実践的な研修など、授業支援アプリケーションの導入から活用までをサポート
芝浦工業大学様
視聴履歴やログ収集に着目して講義収録・配信システムを更改 学内システムとの連携強化で学修成果の可視化が可能に
健康科学大学様
SINET接続を含めた大学ICT環境をトータルコーディネート!
さらにNTT東日本データセンターにシステムアウトソーシングし、BCP対策およびTCO(運用稼働費含めたトータルコスト)の削減を実現!
国分寺市教育委員会様
【図書館ネットワークやPC教室を一斉更改】
図書館システムやPC教室、ネットワークの一斉更改を通じて信頼性と利便性を向上し、一元的な運用保守体制を整備
「教育」の導入事例をすべて見る