法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 前澤化成工業株式会社様


前澤化成工業株式会社様

データセンターへのハウジングとディザスタリカバリ(DR)で、重要データを効率よく守る

前澤化成工業株式会社様

ビジネスに必要なデータは何としても守りたかった。
次世代ネットワーク「NGN」にも期待しています。

  • 前澤化成工業株式会社 総務人事・経理・IR・内部統制担当 常務取締役 遠藤 俊哲 氏
  • 前澤化成工業株式会社 経営企画部 情報システム課 課長 伊奈 裕二 氏
前澤化成工業株式会社の概要
前澤化成工業株式会社

前澤化成工業株式会社は、1954年に創業し、日本初となる「水道用塩化ビニル管用継手(つぎて)」の製造に成功。以来、事業を「水分野」に特化し、水にかかわる多くの製品を生み出してきた。現在では、上水道・下水道の継手をはじめとした「上・下水道関連製品」「環境関連機器」など、多岐にわたる製品を開発・製造している。さらに近年では、都市化に伴う雨水の浸水被害を防ぐべく、雨水をコントロールする製品の開発にも力を入れている。特に下水道分野における豊富な独自製品群は、全国の自治体や施工業者から高い評価を得ており、「水のマエザワ」「継手のマエザワ」として広く認知されている。

前澤化成工業株式会社

「人々をゆたかにする心と技術をはぐくみ、社会のために幸せを創造する」という経営理念のもと、全国30都市に事業所を設け、地域に密着した営業展開を積極的に推進。顧客ニーズを迅速にフィードバックする、他社の追随を許さない製品開発力と生産力により、業界トップの高い収益率を生み出している。

業務データのバックアップを重視されたのは、どのような理由からですか。

前澤化成工業株式会社経営企画部情報システム課課長 伊奈裕二 氏

前澤化成工業株式会社
経営企画部
情報システム課
課長 伊奈裕二 氏

情報システムやバックボーンとしての通信回線が確実に機能しないと、当社の業務はうまく稼働しません。業務における情報システムの比重が増す中で、磁気テープにデータをコピーして運んでいたのでは追いつかなくなっていた。社内でやりとりされるデータを、とにかく安全に守りたい、いかなる事態が起ころうとも、データが損失したために企業活動が停止してしまう事態は何としても避けたいというのが一番の理由でした。そこで、NTT東日本のデータセンターに基幹サーバー類をハウジングして安全性を確保した上で、さらなる安全性を求めて、多地点バックアップの導入を決めました。ディザスタリカバリシステムの導入の手軽さや運用のしやすさも、二重化する決め手となりました。(伊奈)

「サーバールーム診断」やデータセンターの見学について、どのような感想をお持ちですか。

前澤化成工業株式会社 総務人事・経理・IR・内部統制担当 常務取締役 遠藤俊哲 氏

前澤化成工業株式会社
総務人事・経理・IR・
内部統制担当
常務取締役 遠藤俊哲 氏

既存サーバールームの危険性は、私たちもある程度は認識していましたが、低い診断結果が出たことで、早急に対策を講じるべき転換期を迎えていることを痛感しました。「サーバールーム診断」は客観的な評価に加えて、項目別にきちんとした目標を設定し、それに対する数値化ができている点がたいへん参考になりました。ただ、現状のサーバールームを改善してもやはり中途半端な環境になることから、ハウジングの検討に向けて動き始めました。

実際にデータセンターを見学した感想ですが、厳重なセキュリティーや最新の電力・空調設備のもとで万全の運用がなされており、これなら任せて安心と実感できました。ハウジングやバックアップは、収益向上やコスト削減に直接つながるものでないだけに、経営トップにも見学にも参加を促し、その必要性を訴求できたことは、導入に向けた大きな弾みとなりました。おかげで、自社サーバールームの運営からデータセンターでのハウジングへ大きな転換を図ることができました。通常業務ではデータセンターを訪れる機会もありませんが、会社からアクセスしやすいロケーションにあることも、安心感につながっています。(遠藤)

NTT東日本を選択された理由や担当者の対応は、いかがでしたか。

データセンターは“安定していること”が何より重要です。これまでもIP-VPNやVoIPの導入を通じて、当社の業務効率化や通信コストの大幅削減に寄与するなど、NTT東日本の取り組みは満足のいくものでしたが、サービスの確実性やコスト面において他社とも比較検討の末、当社の要求を満たしていたのが、NTT東日本を選定した理由です。

実際のシステム構築に関して、夏休み期間を利用して機器移転が行われましたが、休み明けには完璧な稼働が求められます。NTT東日本の担当者には、導入プランの策定から機器納入、システム調整にいたるまで“顧客本位”のスタンスで、当社の要望どおりにプロジェクトを遂行、疑問があればすぐに解決してくれるなど、迅速かつ柔軟な対応に満足しています。回線やネットワークオペレーションはもちろん、ハードウェアやソフトウェアに関するITベンダとしての高いスキルに感心し、安心して任せることができました。短期間での構築が実現したのも、マルチベンダとしての強みが存分に発揮された成果であり、NTT東日本の果たした役割は大きいと思います。 (遠藤)

データセンターやバックアップを導入した後のシステムの使い勝手はいかがですか。

これまでバックアップに要していた手間が大幅に軽減され、情報システムの安定化が図れたことで、運用管理の大幅な効率化が実現しています。そうした一方で、社内からの反応としては「そういえばサーバーがなくなって静かになったけど、私たちのパソコンで行う業務は以前と何も変わらないね」といった意見が大半です。このように、一般ユーザーの負荷が増えることなく、業務を支えるネットワークインフラを維持できたということに、たいへん満足しています。データセンターへのハウジングにバックアップシステムを組み合わせるのは新たな試みということですが、安定運用が実現しており、今後は利用が広がるにつれ、システムの合理化やダウンサイジングに寄与することを期待しています。(伊奈)

今後のご予定は?

お客さまへの迅速な対応を実現するためには、社内業務はそれを上回るスピードが求められます。今回の導入により、信頼性を高めた情報システムのもと、顧客満足度向上や競争力強化に向けて業務のさらなる迅速化・効率化を図り、上下水道や雨水コントロールに関する製品の開発・提供を通じて、社会に広く貢献していきたいと考えています。そしてまた、グリーンITへの対応も早急に取り組むべき大きな課題です。今回、データセンターにハウジングしたことで、省電力化が実現しましたが、今後は仮想化技術なども積極的に取り入れ、さらなる環境負荷の軽減を図りたいと考えています。そのためにも、数年後のネットワーク更改に向けて、NTT東日本が推進する次世代ネットワーク「NGN」に注目しています。「NGN」による信頼性の高いネットワークを低コストで導入することで、当社のビジネスがさらに飛躍するような、今後の提案活動に期待しています。(遠藤)

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて取材時点のものです。

関連導入事例
JA甲府市(甲府市農業協同組合)様
売上データの集中管理からWi-Fi、デジタルサイネージまで、魅力あふれる「産地直売所」のICT化をトータルに提案
JA越後中央(越後中央農業協同組合)様
全拠点を光回線化して、情報系ネットワークを整備
クラウド活用で利便性を確保、信頼性も向上
株式会社ココカラファイン様
全国約1,300店舗に「ギガらくWi-Fi」を導入しPOSシステム・モバイル端末の連動による業務効率化、来店者向けのフリーWi-Fiの環境整備を実現
株式会社ヤマザワ様
電子マネーを安心安全に支える利便性に優れたデータセンター。
株式会社バイタルネット様
シンクライアント環境を安心・安全に支え
フルアウトソーシングで運用効率化も実現
野村不動産パートナーズ株式会社様
合併を機に全国26拠点にひかり電話オフィスA(エース)を導入し、通話コストを削減。 さらにグループダイヤリングを採用して内線通話化を実現し、業務効率も向上。
「企業・団体」の導入事例をすべて見る