NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > NTT東日本について > 研究開発 > 研究開発の取り組み


研究開発の取り組み

研究開発の取り組み

NTT東日本では、お客さまの生活をより豊かに、より快適にする新サービスの開発、NGNなどの電気通信ネットワークの高度化を図る研究開発や、各種通信端末の開発、クラウドプラットフォーム、セキュリティ等の研究開発に取り組んでいます。
そして開発にあたっては、サービスをお客さまに安心して安全にお使いいただけるよう、機能確認を入念に実施するとともに、総合運用性・総合品質の確保を図り、更なる信頼性向上に努めております。

研究開発の体制

NTT東日本では、お客さまのニーズを踏まえ、各本部・事業部・支店等と連携し、品質・信頼性の確保とタイムリー性との兼ね合いを常に意識した「要望型開発」推進に取り組んでいます。
また、NTTグループ全体のR&D(Research and Development:研究開発活動)を担う持株研究所から成果等の提供を受け、より高次元な利用技術への展開を構想するとともに、市販の製品・技術にも着目した最新技術に対する動向調査・目利きに基づく「提案型開発」を行っています。
これからもお客さまのニーズを迅速に実現させる、質の高いサービスの提供に寄与していきます。